預けたお金が2倍になる期間がすぐわかる72の法則

ファインナンシャルの視点から、

あなたの人生をやる気にさせるやる気スイッチFPの堀内久美子です。

 

今は銀行の預金金利はほぼゼロなので、

お金を預けても利息はごくわずかです。

金利が高いともらえる利息も増えるので、

お金はどんどん増えていきます。

適用金利に応じて、

預け入れたお金が2倍になるまでの期間を

簡単に求めることができます。

本日は預入金が2倍になる期間を求める方法

について話をさせていただきます。

 

 

 

72の法則

 

定期預金の金利が1%だとすると

預け入れたお金が2倍になるのにどれくらいかかると思いますか?

 

 

答えは72年です。

100万円を金利1%で預けると

利息が付きますが、利息を含めた合計が

200万円になるのに72年かかります。

 

 

このようにお金が2倍になるのに要する期間を

簡単に求める方法として

72の法則があります。

 

72 ÷ 金利 = 元本が2倍になるのに要する期間

です。

金利が5%の場合は、72を5で割ります。

 

 

例えば金利10%なら

72÷10 = 7.2となります。

つまり金利が10%ならば、

預けたお金が7.2年後には2倍まで増えます。

 

 

 

ただし利息には税金がかかります。

72の法則では税金は勘案されていないので、

目安期間として参考にしてください。

 

 

 

お金を運用する際にも72の法則は活用できます。

年利3%で運用する投資商品の場合、

72 ÷ 3 = 24年後には

資金が2倍になる可能性があるとわかります。

投資商品は運用成績が期待通りとならないこともありますが、

どの程度の期間で資金が2倍になるか

把握することができます。

 

 

 

今の預金金利でお金が2倍になるのに要する期間は?

 

現在の定期預金金利は、

だいたい0.01~0.1%位です。

0.05%の金利で定期預金を組むと

元本が2倍になるのに要する期間は

72÷金利0.05より1440年です。

 

 

 

金利10%だと元本を2倍にするのには

7.2年しかかからないので、

高い金利の商品で運用をすると

効率的にお金を増やすことがわかります。

 

 

 

ネット銀行の活用

 

定期預金を活用する場合は、適用金利が

比較的高めに設定されているネット銀行を

活用してはどうでしょうか。

夏と冬に金利キャンペーンなどを行っているネット銀行もあります。

(ソニー銀行楽天銀行など)

他と比べて金利が一桁程高い場合もあります。

 

 

 

投資商品を活用するのは、怖いという方は

ネット銀行の定期預金を活用されることをお勧めします。

 

 

 

気になることがございましたら、お問い合わせくださいませ♪

 

最後までお読みいただいてありがとうございます。

本日もみなさまにとって充実した一日になりますように☆彡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください