投資のリスクを軽減する方法

こんにちは!

ファイナンシャルプランの視点から、

あなたの人生をやる気にさせる

やる気スイッチFPの堀内です。

 

 

預貯金は金利が低くて、お金が増えないので

将来のために投資をしようと思っているけど、

怖くて行動に移せないと悩んでいませんか?

そんな方にはお役に立てる内容です。

投資には資産価値が減ってしまうというリスクがあります。

本日は投資のリスクを軽減できる方法についてお伝えします。

宜しくお願いいたします。

 

 

 

分散投資

株を購入後、株価が下落した状態で売却すると

購入額より少ないお金しか戻ってきません。

この場合、株式の売却で損失が生じます。

このように投資には資産価値が減るリスクがあります。

 

 

 

投資での資産減少リスクを軽減する方法として、

複数の分野に分散して投資する手段があります。

 

 

 

卵1個を資産に例えると

卵10個を一つのかごに入れて運搬するのと

卵10個を5個のかごに分けて入れて運搬する場合では、

卵を5個のかごに分けて運搬した方が、

卵を安全に目的地まで運搬できる可能性が高いです。

 

 

 

なぜなら、卵10個を一つのかごに入れて運搬する場合、

万が一途中でかごを落としてしまうと

ほとんどの卵が割れてしまいます。

つまり資産が減ってしまいます。

 

 

 

このように私達の資産は一つの分野だけで

運用するのではなく、複数の分野に分散して運用する必要があります。

なぜなら、資産価値が減少する可能性を軽減できるからです。

 

 

預貯金も資産運用の一つです。

資産を全額預貯金で運用していると

預け入れたお金は減らないと保証されていますが、

利息はほとんどつかないので、お金は増えません。

 

 

そのため預貯金もしながら、

投資信託等を活用して資産運用をすることが

リスクを軽減した資産運用につながります。

 

 

実際の分散例

 

投資信託を活用する場合、

近い将来必要になるお金は預貯金で確保しておくと

いいでしょう。

投資信託は投資対象が多岐に渡ります。

株式債券不動産などです。

それぞれの投資対象において投資地域が

日本のみの場合や日本以外の海外のもの、

日本を含む全世界の物があります。

 

 

 

株式債券、不動産などの複数の分野に投資し、

日本のみや海外など複数の地域を対象とすると

分散投資ができます。

 

 

代表例として、

日本株式、日本債券、海外株式、海外債券

4つに投資をすると分散投資ができます。

 

 

 

株価が低くなると債券の価値は上がります。

そのため、株式投資で損失が生じても

債券の価値が上がるので損失をカバーしてくれます。

債券に投資をしていなければ、

株式で生じた損失を埋め合わせてくれるものが

ありません。

 

 

 

投資信託では、一つの商品で

複数の分野に投資をしているものもあります。

各投資対象の資産配分を決めるのが

大変という場合には、活用できる商品です。

複数の分野に投資をしている投資信託は、

商品名の中に「バランス型」または「4資産」などの

言葉が入っているケースが多いです。

目印にしてくださいませ。

 

 

 

今日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

今日も皆様にとっていい一日でありますように☆彡

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください