投資デビューするには知っておくべき積立NISAの仕組み!

こんにちは!

ファイナンシャルプランの視点から、

あなたの人生をやる気にさせる

やる気スイッチFPの堀内です。

 

 

 

積立NISAについて耳にされたことがあるかと思います。

聞いたことはあるけど、詳しくはわからないという方には

お役に立てる内容です。

本日は積立NISAについてお伝えします。

 

 

NISA(ニーサ)とは

 

NISAは2014年から始まった制度です。

1年につき投資額120万円までなら、

株や投資信託の売却益や配当金に対して

税金がかからない、つまり非課税となる制度です。

NISA制度を利用するには銀行や証券会社などの

金融機関でNISA口座を開設する必要があります。

 

 

 

NISA口座で

1月1日から12月31日までの1年間に

120万円分の株式を買ったとします。

その株式の配当金が支給されても

税金がかかりません。

NISA制度を使用しない場合には、

配当金に約20%の税金がかかります。

配当金1万円を支給されても

そのうち約2000円は税金として引かれるので、

手取りは8000円です。

 

 

 

また、NISA口座内の株式や投資信託を売却した場合、

売却益にも税金がかかりません。

NISA口座で配当金や売却益に税金がかからない期間は

最長5年間2023年までです。

 

 

 

積立てNISAとは

 

資産価値が減少するリスクを軽減しつつ

資産形成を行うには長期間にわかる積立てや

分散投資が有効です。

積立てNISAは、

投資先を分散させることで投資した資産が減少するリスクを軽減し、

長期間に渡る投資によりリターンを安定させる

ことを目的として創設された制度です。

 

 

 

NISAと名前は似ていますが、異なる部分もあります。

NISA 積立てNISA
利用対象年齢 20歳以上
対象商品 株、投資信託、※上場投資信託(ETF)など 投資信託、上場投資信託(ETF)

(毎月分配型の商品は除く)

年間の投資上限額 120万円 40万円
非課税期間 最長5年間 最長20年間
投資可能期間 2023年まで 2018年~2037年

 

※上場投資信託(ETF)とは日経平均株価や

東証株価指数 (TOPIX)などの指数の動きに

連動する投資信託です。

 

 

 

インデックスファンド

日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの

株価指数と同じような値動きをするファンドです。

日経平均株価が上昇すれば

インデックスファンドの価格も上昇します。

 

 

 

インデックスファンドも

次に説明するETFもどちらも

日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などの

指数に連動します。

そのため、ETFもインデックスファンドの一部と言えます。

しかしインデックスファンドとETFには違いがあります。

 

 

 

ETF

東京証券取引所などの証券取引所に上場しています。

そのため、株と同じような売買ができます。

ETFは希望価額になったのを確認してから購入できます。

一方、インデックスファンドは上場していないものが多いです。

上場していないので、日中の価格変動を確認できません。

そのため、リアルタイムで価額を確認して購入することはできません。

 

 

 

積立てNISAもNISAも投資上限額まで投資しなかった場合の

非課税枠が未使用部分を

翌年以降に繰り越すことはできません

 

 

 

このように

積立てNISAでは株の売買ができない、

投資上限額が40万円、非課税期間が20年

NISAと比べると大きな違いがあります。

非課税期間は20年なので、

長期の資産形成を考えている場合には適した制度です。

なお注意点として、

NISAと積立てNISAの併用はできません

 

 

 

金融庁の平成29年度税制改定に関する資料です。

3ページ目と4ページ目に積立NISAについて記載されています。

 

 

 

金融庁の資料によると

家計の資産形成を支援する観点から

少額からの積立・分散投資を促進するために

積立NISAを創設したようです。

これまでのように預貯金で資産を守るのではなく、

投資をしてお金を増やそうという流れに変わってきています。

 

 

 

積立てNISAの対象商品

 

積立てNISAの対象商品は先ほど

投資信託、上場投資信託(ETF)

(毎月分配型の商品は除く)と

ご紹介しました。

全ての投資信託が投資対象ではありません

積立てNISAの対象となるには

購入時などの手数料が安い、

投資先を株式としている投資信託

などの条件を満たす必要があります。

 

 

 

 

今後は、預貯金だけに頼るのではなく

投資を活用してお金を増やすことが重要になってきます。

資産運用、お金の増やし方について

ぜひとも一度向き合われてはどうでしょうか♪

 

 

 

今日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

今日も皆様にとっていい一日でありますように☆彡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください