クレジットカードでポイントを貯めるには

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内久美子です。

 

 

本日は、クレジットカードについてお話させていただきます。

皆さま、クレジットカードはお持ちかと思いますが、

満足されていますでしょうか?

なんとなく入ったけど、ポイントなどの特典を

活用できてないってことはないでしょうか?

メリットを活用できるクレジットカードがあるか見ていきましょう。

本日もよろしくお願いします。

 

 

クレジットカードのしくみ

 

多くのクレジットカードでは

支払金額分に応じてポイントが付与されます。

キャッシュバックをしているカードもあります。

 

 

 

お店でクレジットカードで支払った場合、

カード使用者の立場では

請求は後日クレジットカード会社から届くので、

代金を支払日までに口座に入金すればいいです。

手持ちのお金がなくても商品を購入出来るメリットがあります。

 

 

 

デメリットは、カード年会費が必要な場合もあることです。

またリボルビング払いをした場合は、

金利相当分の代金が発生します。

 

 

 

リボルビング払いとは、

毎月の支払額上限を一定に抑えることができますが、

利息が含まれます。

上限額を超えた分の支払いは翌月に回されます。

リボルビング払いで適用される金利は年15%程度です。

銀行の定期預金の金利はほぼ0%なので

高金利なことがわかります。

 

 

リボルビング払いでは高い金利分の利息を

払わなければいけないので、

絶対にリボルビング払いはしないでください!

 

 

お客さんがクレジットカードで支払った場合、

お店はクレジットカード会社に

クレジットカードで購入された商品代の請求をします。

その際、決済手数料をカード会社に支払います。

これはお店にとってのデメリットです。

 

 

 

ですが、カード払いを可能にすることで

手持ち現金がなくても購入する方がいるため、

売り上げが増えます。

また、カード会社が商品代を支払ってくれるので、

確実にお金を回収できるメリットもあります。

 

 

決済手数料を負担するというデメリットよりも

売り上げが増え、確実にお金が回収できるメリットの方が

大きいので、お店はカード払いを可能としています。

 

 

 

クレジットカードの立場からみると・・・

 

カード所有者から年会費を回収できます。

また、お店からは決済手数料をもらいます。

リボルビング払いの利息が入ります。

クレジットカード会社には収益源が沢山あります。

そのため、ポイントなどの特典を設けて

カードの利用を促すことができます。

 

 

 

どのクレジットカードを選択すればいいか?

 

支払い箇所の多いお店のカード

 

頻繁に買い物をされるお店があれば、

そのお店が発行しているクレジットカードを

利用するとポイントが早く貯まります。

貯まったポイントは買い物時に利用できるのでお得です。

お店で発行しているクレジットカードを

発行店使うとポイント付与率が5%など高くなるので、

効率よくポイントを貯めることができます。

だいたいクレジットカードのポイントは0.5%程です。

 

 

無印良品が発行しているクレジットカード:

https://www.muji.net/mujicard/

 

ファミリーマートが発行しているカード:http://www.family.co.jp/card_point/card.html

 

 

大丸百貨店が発行しているカード:https://www.jfr-card.co.jp/

 

 

百貨店のカードでは、高島屋カードはポイント付与率が高いです。

高島屋カード:http://www.t-card.co.jp/

 

 

高島屋でのお買い物では食料品を除いては8%(最高10%)

高島屋以外のお店では1%分のポイントが付与されます。

百貨店などのお店が発行しているクレジットカードは、

自社店舗外での利用時のポイント付与率はだいたい0.5%程です。

高島屋はポイント付与率が高いです。

 

 

 

 

 

携帯電話会社のクレジットカード

 

毎月携帯電話料金を払いますが、

携帯電話会社が発行しているクレジットカードを使うと

ポイントが早く貯まります。

 

ドコモのクレジットカード:http://d-card.jp/st/

 

ソフトバンクのクレジットカード:https://www.softbank.jp/card/about/

 

auのクレジットカード:https://www.kddi-fs.com/

 

貯まったポイントは機種変更時などに使用することができます。

 

 

 

鉄道会社のクレジットカード

 

鉄道会社のクレジットカードなら、

定期券を購入時にも使えポイントも確実に貯まります。

定期代は高額になることもあるので、

効率よくポイントを貯めることができます。

 

 

マイルの貯まるクレジットカード

 

各種航空会社がクレジットカードを発行されています。

飛行機をよく利用される方にはお勧めです。

 

ANAカード:https://www.ana.co.jp/amc/reference/anacard/

 

JALカード:https://www.jal.co.jp/jalcard/

 

 

その他

 

ポイントよりもキャッシュバックを優先したい場合:P-oneカード

http://www.pocketcard.co.jp/card/

 

毎月の支払い代金の1%分をキャッシュバックしてくれます。

例えば、ある月のクレジットカードでの支払い金額が10万円の場合、

その1%の1000円を引いた9万9千円で請求されます。

年会費が無料のタイプもあるので、お得です。

 

 

ポイントを貯めたい場合:オリコカード

http://www.orico.co.jp/

 

ここでは、1%のポイントが付与されます。

また、提携先のお店でネット経由

で買い物をするとポイント付与率は1%よりも高くなります。

年会費が無料のタイプもあります。

 

 

 

銀行が発行しているクレジットカードもあります。

これはポイントも付与してくれますが、

ATM手数料は無料となるなどの特典もあります。

 

 

 

ポイントの注意点ですが、ポイントの有効期間が

設定されているカードもあります。

ですので、集めたポイントの有効期間も確認して

ポイントを無駄にしないようにしてください。

 

 

 

クレジットカード使用時の注意点

 

クレジットカード払いでは

お金を払っているという感覚がありません。

そのため、使い過ぎを招きます。

各月のクレジットカードでの支払い額を書くことで、

翌月の請求額を把握できます。

 

 

 

クレジットカードを上手に使うには

お金の管理が必要です。

 

 

今日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

 

明日から1週間も皆様にとっていい日でありますように・・・☆彡

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください