貯蓄型保険をお勧めしない理由

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内久美子です。

 

 

本日は貯蓄型保険についてお伝えします。

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

貯蓄機能のある生命保険とは

 

予め設定した期間を経過後に解約すると

支払った保険料以上のお金が返ってきます。

死亡保障もついているので、

保険契約中に亡くなると

死亡保険金を受け取ることができます。

 

 

貯蓄性のある生命保険には2通りあります。

変額保険定額保険です。

 

 

定額保険

 

定額保険は保険期間中に保険金額が一定ものです。

契約時に定めた保険金額が期間終了時まで一定です。

定額保険も定額タイプ変動タイプの2つに分類されます。

 

 

定額タイプは、契約時の保険金額が一定です。

保険金額とは死亡時に支払われる死亡保険金または

保険期間満了後、保険を解約した際に支払われる

解約返戻(へんれい)金の事です。

 

 

 

一方、変動タイプは契約時の保険金額は

一定期間ごとに積立て利率を見直します。

積立て利率が予定利率よりも高くなると保険金額が増えます。

最低保証利率が設定されているので、

当初の保険金額を下回ることはありません。

 

 

 

定額保険の変動タイプであっても

死亡時や解約時に支払われる保険金額が

契約時の額を下回ることはありません。

 

 

 

変動保険

 

保険期間中の資産の運用実績によって保険金額が変わります。

ただし、死亡保険金には最低保証額が設定されています。

 

 

運用が上手くいき、積立額が最低保証の

死亡保険金額を上回った場合には、

最低保証の死亡保険金よりも多額の死亡保険金が支払われます。

 

 

逆に積立額が最低保証の

死亡保険金額を下回った場合には、

最低保証の死亡保険金が支払われます。

 

 

最低保証されているのは死亡保険金だけです。

保険期間満了後や解約をして受け取る解約返戻金

には最低保証額はありません。

 

 

運用実績によって保険金の受け取り額が異なります。

運用は保険加入者が行う必要があります

 

 

自分で海外株や国内債券などの投資先を決め、

各投資先のお金の配分を決めます。

売買は保険会社が行ってくれます。

 

 

投資対象および配分のパターンが用意されており、

用意されているパターンからどれかを

選択するという保険商品もあります。

 

 

いずれにしても自分で投資先、

および配分割合を決める必要があります。

 

 

投資先やその配分によって運用結果が異なってくるので、

選んだ手法によって、受け取る保険金額に違いが生じます。

ここが、定額保険とは異なるところです。

 

 

変額保険は自分で投資先を決め、

定期的に資産配分の再調整を行うリバランス

をする必要があります。

 

 

買ったら、そのままお任せとはいかない商品です。

投資について詳しくない方や

資産が減ってしまうリスクを負いたくない方、

定期的に資産状況を見直すのが面倒な方には

変額保険は適していません。

 

 

 

貯蓄機能のある生命保険は得か?

 

保険料は、保険会社が事業を行うための費用(付加保険料)

保険会社が支払う保険金に

充てられる費用(純保険料)から構成されています。

 

 

支払った保険料の中から

保険会社の運営に必要な経費(付加保険料)を引き、

残った金額で保険金の準備をしてくれます。

貯蓄を目的とするならば、

支払った金額全てを貯蓄した方が効率的にお金が増えます。

 

 

 

貯蓄と保険の2つの目的を兼ね備えているので

お得で安全のように感じてしまいがちですが、

お得ではありません。

なぜなら、保険料の全額を

資産運用にあてていないからです

 

 

保険は定期的に払う少額のお金で

病気や不幸などに備えるものです。

保険の目的は保障をすることです。

一方、貯蓄の目的はお金を沢山増やすことです。

 

 

お金を増やしたい場合には

貯蓄型の生命保険の活用は適していません

保険と貯蓄を切り離してお金を増やす手段の

利用を勧めます。

 

 

保険の勧誘ではメリットしか言わないことが多いので、

メリットばかり聞いて判断するのは早計です。

 

 

 

定額保険での最低保証の運用利率は

定期預金の金利よりも高いので、

どうしても元本を保証している商品しか使わない

という方には定額保険は向いているかもしれません。

 

 

貯蓄型の生命保険では申込時に保険期間の設定をします。

10年や20年、30年などです。

設定した保険期間内に保険を解約すると返金額

支払った保険料の総額よりも少ないです。

設定した期間は保険料を払い続けないと損をしてしまいます。

そのため、環境が変わる可能性のある独身の方は、

貯蓄型の生命保険には加入しない方がいいです。

特に、女性の方には適した商品ではないと考えています。

 

 

独身の時に月額保険料が5万円程の

貯蓄型生命保険に加入しても

結婚や出産などで環境が変わると

保険料を支払い続けることは

現実的でとは言い切れません。

 

 

保険料の支払いが負担なので、

貯蓄型の生命保険を解約しても

支払った保険料総額よりも少ないお金しか返金してもらえません。

 

 

どうしても貯蓄型の保険に加入をされる場合には、

保険料は1~2万円程に設定してください。

 

 

 

加入している貯蓄型の生命保険の解約を悩んでいる場合

 

 

毎月の保険料を払うために

お給料をもらっているような状況では、

損をしてでも解約をした方が精神的負担は軽いです。

 

 

損した金額は勉強代と考えて、

保険ではない貯蓄、お金を増やす手段に巡り合うための

きっかけになったと前向きにとらえてはどうでしょうか。

 

 

嫌々、乗り気のしない気分で取り組むと

いい結果になるとは言い難いです。

 

 

損をしてでも新たな道に方向転換をすれば、

高い勉強代として捉えることができます。

 

 

貯蓄型保険を解約して生じた損をカバーするには

 

利益を今すぐ得る(損失補てん)することは難しいです。

長期間の積立てが適しています。

海外株、日本株、海外債券、国内債券など

複数の分野の投資信託を毎月一定額ずつ購入します。

 

 

 

毎月定額購入することで

投資信託の購入単価を平均化できます。

投資対象を複数に分けることで資産の分散もできます。

 

 

投資先を分散させることで

投資先の資産価値が低減しても

その他の資産でカバーするので、

全体的な資産価値低下というリスクを小さくすることができます。

 

 

資産価値が下がる可能性があるというリスクはありますが、

定期預金よりも効率的にお金を増やすことができます。

 

 

積立てシュミレーションで見てみましょう。

 

下は積立てシュミレーションができるサイトです。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

 

 

これまで支払っていた保険料を投資商品の積立に乗り換えるとします。

積立期間は30年と設定します。

 

 

 

リターン3%で毎月1万円を積み立てる場合

(元本=1万円×12か月×30年=360万円)

30年後には最終積立金額は582万円

そのうち、運用益は222万円です。

 

 

 

リターン5%で毎月1万円を積み立てる場合

30年後には最終積立金額は832万円

そのうち、運用益は472万円です。

 

 

 

リターン3%で毎月3万円を積み立てる場合

(元本=3万円×12か月×30年=1080万円)

30年後には最終積立金額は1748万円

そのうち、運用益は668万円です。

 

 

 

リターン5%で毎月3万円を積み立てる場合

30年後には最終積立金額は2496万円

そのうち、運用益は1416万円です。

 

 

 

貯蓄型の生命保険を解約して生じる損失額は

契約状況に応じて異なりますが、

100万円以内に収まると思います。

 

 

長期投資では、月1万円の積立でも30年後には

227万円の利益を得ることができるので、

生命保険を解約して生じた損失の穴埋めができる程の

利益を得ることができます。

 

 

 

保険解約での損失の穴埋めに

時間を要してしまうのでは仕方ありませんが、

損失を穴埋めする手法を学べて結果を出せることで

いい勉強になったと気分が楽になるのではないでしょうか。

 

 

現状に不満を抱いていても心には良くないので、

解決策はないか一緒に考えましょう。

 

 

保険料はクレジットカードで払いましょう

 

保険料をクレジットカード払いできる場合には

レジットカード払いをしましょう。

保険料分のポイントが貯まります。

毎月1万円の保険料をクレジットカードで支払うと

ポイント付与率が0.5%の場合

支払保険料1万円×0.5%=50ポイント/月

⇒1年間では50ポイント×12=600ポイント/年

 

 

 

また、保険商品にもよりますが、

保険料は月払いと、年払い、(半年払い)が選択できます。

 

年払いの方が月払いよりも少額(1000円程)ですが

保険料が安くなる商品もあります。

もちろん、年払いにしても保険料の割引がきかない商品もあります。

 

 

 

保険について不満を感じておられる場合には、

一度方向転換できないか考えてはどうでしょうか?

 

 

今日も最後までお読みいただいてありがとうございます。

 

暑くなりそうですが、明日も皆様にとっていい日でありますように・・・☆彡

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください