限定品と聞くと財布の紐が緩んでしまいませんか?

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内久美子です。

 

 

 

全国的に梅雨空が続いていますが、体調は大丈夫でしょうか?

以前のブログでもお伝えしましたが、特に女性は天気が悪いと体調が

優れなくなってしまう方が多いようです。

明日以降も梅雨らしい天気となるようですが、体調には気を付けてくださいね。

 

 

明日にかけて西日本から関東の太平洋側では

雨が強くなるようです。

通勤の際はお気をつけてくださいませ!!

 

 

 

さて、GW後から祝日がないため、皆さまお疲れではないでしょうか?

疲れていると不満も貯められてしまわれるかもしれません・・・

不満などが貯まられたら、簡単に発散できる方法があります!

心に貯まっている感情を全てレポート用紙等に

書き出して、その後その紙をビリビリに

破り捨ててみてください。

 

 

心に貯まっていたネガティブな感情が、発散できて

気持ちが軽くなると思います♪

 

 

 

良ければ試してくださいね。

嫌な感情は吐き出しましょう!

 

 

 

さて、本日は損になると分かっていてもついつい

選択してしまう行動についてお話させていただきます。

本日もよろしくお願いします!

 

 

 

 

行列をみるとつい並んでしまう

 

街中で行列を見かけると、

何の行列か気になりませんか?

気になったので、ついつい行列に並ばれることが

あるかもしれません。

 

 

行列があると深く考えることなく

並んでしまうことを同調行動と言います。

 

 

 

食事処での行列に遭遇すると、

おいしそうと思ってしまい、

行列に並んでしまうかもしれませんね。

 

 

 

行列のできているお店に元々行く予定で

行列に並ばれるのは問題ないですが、

お店の事をあまり知らないのに

とりあえず並ぶのは、ちょっと待ってください。

 

 

 

もしかしたら、行列に並ばなければよかったと

後悔されるかもしれません。

後悔するような結果になれば、並んだ時間も

お店での出費も損になってしまいます。

 

 

 

行列を見ると良いものが売っている

あるいはおいしい料理のあるお店と

頭は勝手に判断してしまいます。

 

 

 

確かにおいしいお店やいい物を

販売しているお店は自然と行列ができます。

 

 

 

ですが、お店で販売している物などを理解したうえで

行列に並ぶか否かを判断していただきたいです。

 

 

 

もし遭遇した行列に並ばれる際には、このお店で

得られるものは欲しい物なのか等

冷静に考えて判断してください。

 

 

 

行列を見ると大多数の人から支持されている物

と認識してしまい、いい物なら手に入れたいから、

並ぼう・・・という思考になってしまいます。

 

 

 

頭が勝手に判断するのは仕方ありません。

最終的に並ばれるか並ばないかを判断するのは

皆さまなので、最終的な判断を冷静にしてくださいね。

 

 

 

時間もかけて並んだのに、いまいちだった場合の

ショックは大きいと思います(悲)・・・

 

 

 

皆さまが、良いと判断した物に

お金を使われると後悔されることもないので

無駄な出費にはなりません!

 

 

 

行列を見かけられた際には、

冷静に判断するクセをつけるようにして

お金をうまく使いましょう!

 

 

 

 

限定品だとついつい買ってしまう

 

限定○○個というセール文句を聞くと

欲しいとは思っていなかった商品でも

ついつい購入されることはないでしょうか?

 

 

 

このように限定された物の評価を高く

してしまう傾向を希少性原理と言います。

 

 

 

この希少性原理はいたるところで目にします。

 

 

 

スーパーのチラシや店頭で、「限定○○個は△円」

や「タイムセール品」、「本日限りの価格」

という案内を目にされると思います。

 

 

 

これらは値段と時間を限定することで、

私たち消費者の購買意欲を引き立てています。

 

 

 

また通信販売、特にテレビでの通販番組では

「限定〇〇個の販売です、お電話お急ぎください!!」や

「放送後30分間に限り○○円で販売させていただきます!!」

「放送後はお電話がつながりにくくなりますが・・・」

という案内をしています。

 

 

 

販売個数や受付時間を限定することで

私たちは、販売されている商品の価値を

高く判断してしまいます。

 

 

 

 

個数限定だと、この機会を逃すと買えない

時間限定だと今しか買えないと思い、

冷静な判断ができないまま購入されてしまう

ケースが多いと思います。

 

 

 

また、「電話がつながりにくい・・・」と聞くと

私たち消費者は多くの人が注文の電話をしているというように

認識し、皆が買っているのなら私も買わないと・・・

と思い、そこまで欲しくない商品でも購入してしまうことも

あります。

 

 

 

 

 

個数限定で販売されている時計や鞄などは

プレミアがついて高く売れるケースもありますが・・・

それは例外として除外しますね(苦)・・・

 

 

 

スーパーで限定〇個は半額と目にすると

冷静さが失われますが(苦)、

限定品として紹介されている商品を見かけられた

際には、限定でなくても必要な物か

考えてから購入の判断をしてくださいませ。

 

 

 

バーゲンセールもセール価格で提供する

期間を限定するという意味では、

消費者は商品の価値を高く判断してしまうことで、

購入意欲を高められているのかもしれませんね。

かつ、値引きされている商品なので

余計に購買意欲が高まりますね。

 

 

 

限定という言葉を使って購買意欲を高める仕組み

があることを頭に入れておいてくださいね。

 

 

 

お店には、消費者の財布の紐を緩める

仕組みが多くあります。

 

 

 

購入される際にはセールス文句がなくても買うものか、

欲しい物なのか冷静に考えてくださいね。

 

 

 

冷静に購入判断ができるようになると

自然とお金が貯まってくると思います。

 

 

 

余ったお金で将来のために貯蓄をすると

将来に対するお金の不安の軽減につながります。

 

 

 

 

冒頭の話に戻りますが、

将来に対する不安がございましたら、

その不安を紙に書きだして、紙を破り捨ててください。

 

 

 

感情を吐き出すことができて、

心が軽くなると思います。

 

 

 

明るい気持ちで毎日過ごしましょう!

明るい人生になると思います。

 

 

 

お金の面で、皆さまの不安を解消できる役に立てれば幸いです。

本日も最後までお読みいただいてありがとうございました♪

 

 

 

明日は皆さまにとって充実した一日になりますように・・・☆彡

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください