セルフメディケーション税制の対象となる人

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内久美子です。

 

 

 

いきなりですが、質問です。

普段、「ありがとう」という言葉を使われていると

思いますが、「ありがとう」の反対の意味の言葉は

何だと思いますか?

 

 

 

答えは「当たり前」です。

当り前じゃないから「ありがとう(有難う)」

となるそうです。

なるほどと思いました(*_*)

 

 

 

 

 

さて、本日は所得税、住民税の負担が軽くなる

セルフメディケーション税制

について、お話させていただきます。

本日もよろしくお願いします!

 

 

 

セルフメディケーション税制とは

 

健康維持増進及び疾病の予防をするために個人が

購入したスイッチOTC薬の購入代金が

一定額以上になれば所得控除を受けることができる制度です。

 

 

 

スイッチOTCとは処方箋がないと

購入できない医療用医薬品の成分として

使用されていた医薬品を有効成分や服用方法などが

同じまま処方箋がなくてもドラッグストアなどで

購入できるようになった医薬品の事をいいます。

 

 

 

なお、セルフメディケーションとは

自分自身で健康を管理し、軽度な体調不良の際は

自分で服薬などの手当てをすることを言います。

そのため、健康維持増進や疾病予防に取り組んでいる人が

セルフメディケーション税制の対象となります。

具体的にはがん検診、健康診断、

予防接種を受けている人です。

会社で受診する健康診断も含みます。

 

 

軽度の症状ならわざわざ病院に行かなくても

市販の薬で治してもらうことで、国の医療費の負担が

軽減できるとの意図です。

 

 

 

この制度は、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間で

納税者本人またはその家族が支払った1年間のスイッチOTC薬代が

12,000円を超えた場合には、超えた分について

所得税の控除を受けることができます。

 

 

 

医療費控除との違い

 

従来より「医療費控除」という制度がありました。

 

 

 

「医療費控除」は納税者本人またはその家族が支払った

1年間の医療費が10万円以上の場合は、

10万円を超過した額に関しては、所得税の控除を受けることができます。

 

 

 

この「医療費控除」では病院までの交通費

ドラッグストアなどで購入した治療目的の薬(風邪薬など)も

含めることができます。

ただしコンタクトレンズ代やメガネ代は

対象外です

 

 

 

医療費控除とセルフメディケーション税制の違いを下に示します。

 

医療費控除  セルフメディケーション税制
対象となる費用 ・病院までの交通費

市販薬

・医師(歯科医師)による診療費、治療費(出産費用も含む)、薬代

入院費

・治療用の医療用器具購入代

・治療のためのマッサージ代

スイッチOTC医薬品
最低自己負担金額 10万円または総所得金額の5%のいずれか小さい方  12,000を超えた額

 

スイッチOTC薬の購入代は、医療費控除に含めることができます。

しかし、年間の医療費合計が10万円を超えないと

適用となりません。

 

 

 

セルフメディケーション税制の対象商品

 

2017年6月19日時点で対象品目数は1630となります。

 

漢方薬はスイッチOTC薬ではないので、

対象品目には含まれませんが・・・

 

 

下に対象品目一覧を示します。

 

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000167980.pdf

 

 

 

 

対象となる医薬品には次のようなマークが

表示されます。

 

 

 

 

 

セルフメディケーション税制のメリット

 

・所得控除を受けることができる

 

・医療費の総額が10万円を越えなくても

所得控除となる機会が増えたこと

(所得控除の適用範囲が広がったこと)

 

 

 

セルフメディケーション税制のデメリット

 

医療費控除との併用ができないこと

 

・確定申告をする必要があること

 

・確定申告時にはレシートが必要なので、

レシートを保管する必要があること

 

 

 

所得控除を受けるには確定申告

 

確定申告が必要です。

国税庁のホームページの確定申告書作成コーナー

で1年分の医療費を入力していきます。

 

 

 

確定申告書は税務署に郵送でも

持参でも提出できます。

提出資料にはドラッグストアなどで薬を購入した際の領収書も

添付する必要があります。

領収書がないと購入したことを示す証拠がないため、

領収書の提出は必須です。

 

 

 

 

もしかしたら、セルフメディケーション税制

などの医療費控除の対象となるかもしれませんので、

今からでも医療費関連の領収書を保管されてはどうでしょうか?

 

 

 

なお対象となる金額は、

一人当たりの医療費合計ではなく、

納税者およびその家族での医療費合計が

対象となります。

 

 

本日も最後までお読みいただいてありがとうございました♪

 

 

 

明日も皆さまにとって充実した一日になりますように・・・☆彡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください