金券ショップを活用した節約

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内久美子です。

 

 

 

 

肩こりや運動不足解消のため、

2か月前からラジオ体操をしています。

以前よりはましになりましたが、

同じ姿勢を続けているとまだ凝ります・・・

肩が凝ると集中力もなくなり、しんどいですね。

個人的には効果があると実感している

運動をお伝えしますね。

 

 

 

左腕を伸ばして大きく前回しを

右腕も伸ばして大きく後ろ回し(左腕と逆向き)にします。

腕を回す方向を左右で入れ替えたり、

何度も何度も腕を回していると

だんだん肩が暖かくなり、肩の凝りが

マシになったかな?って感じます。

個人的に効果のあった方法なので、

万能ではありませんが、ご参考まで

もちろん、トイレなど誰にも見られないように

腕を回していました(^^)

 

 

さて、本日は株主優待券などお得なチケットを販売している

金券ショップの活用法についてお伝えいたします。

 

 

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

株主優待券とは

 

株式会社が株式の権利確定日に

株を保有していた株主に対して与える優待制度です。

権利確定日に保有している株主でないと優待をもらえません。

全ての会社が株主優待制度を採用していません。

上場している3685社のうち、株主優待制度があるのは

約1300社です。

 

 

 

株主優待が目当てで株の購入をされる方もいます。

では株主ではない人が優待を受けたい場合にはどうすればいいでしょうか?

株主ではなくても株主優待券を入手できます。

 

 

 

金券ショップで株主優待券が販売されています。

ですので、金券ショップで購入すると優待券を使うことができます。

 

 

 

一部の株主優待券が金券ショップで販売されています。

優待券をもらった株主が優待券を使わないために、

金券ショップで換金するからです。

 

 

 

株主優待として、お米などの実物を

配布している会社もありますが、

そのような実物は金券ショップでは

取り扱っていません・・・

 

 

 

自社製品を安く購入出来る優待もあるので、

よく使うお店などの優待券があればお得な制度ですが、

株は元本が保証されていません・・・

ですので、金券ショップを利用しましょう!

 

 

 

優待券にはいろんな種類のものがあるので、

皆さまの普段の生活で役に立つものがあるかもしれません。

 

 

 

 

株主優待券の優待内容

 

普段の生活で利用できそうな優待券は、

・図書カード

・QUOカード

・お米券

・映画券

・飲食店の割引券

・ANAの国内線片道50%オフ

・特定の交通機関の乗り放題券

などなど様々です。

 

 

 

例えば2000円分の図書カードが

1900円台などで販売されています。

数十円という僅かなお得ですが積み重ねると大きくなります。

 

 

 

 

格安で優待券を購入出来ると期待はしないでくださいね!!

 

 

 

飲食店の割引券の場合ですと

飲食店での利用金額の〇%オフなどの場合があります。

その場合、割引券の購入代金の方が飲食店での割引額よりも

多いと損になってしまうので、

割引券を購入される際は損にならないか

よく考えてくださいね。

 

 

 

もしお近くに金券ショップがない場合や

金券ショップに立ち寄ることに抵抗がある方は、

ネット上で購入出来る金券ショップがあります。

 

 

 

アクセスチケット Online Shopと

http://www.access-ticket.com/shop/

 

 

 

チケッティです。

http://www.tickety.jp/

 

 

 

どちらのお店でも

金券の買取もしています。

使っていない切手やはがきの買取もしてくれます。

 

 

 

今は携帯電話が普及しているので、

公衆電話を使う機会もあまりありませんが、

テレホンカードの買取もしてくれるお店もあります。

 

 

 

 

金券ショップの活用法

 

百貨店でお得に買い物をする方法

 

金券ショップではVISAカードJCBカード

全国百貨店共通商品券なども販売されています。

それぞれ、1000円単位の金券です。

金券ショップでは1000円分の上記金券を990円前後

で販売しています。

販売価格は、次期や販売店によっても異なります!!

 

 

 

だいたいのお店では同じ1000円分の金券でも

VISAカードやJCBカードの販売価格の方が

全国百貨店共通商品券よりも安いように見受けられます。

 

 

 

VISAカードやJCBカードは、お釣りはもらえません

一方、全国百貨店共通商品券はお釣りがもらえます

 

 

 

繰り返しますが、多くの金券ショップではVISAカードや

JCBカードの方が販売価格は安いです。

これらの金券を利用することで百貨店での買い物をお得にすることができます

 

 

 

百貨店での購入代金が決まっていれば、

購入代金分の小銭価格分を除いた金額分の

VISAカード又はJCBカードを買います。

例えば、百貨店で税込み価格2300円の物を購入する場合は

2000円分のVISAカード又はJCBカードを購入します。

そして1000円分の全国百貨店共通商品券を購入します。

お店で上記3000円分の金券で2300円の商品を購入すると

700円のお釣りがもらえます。

 

 

 

VISAカードやJCBカードはお釣りが出ません。

ですので、お釣りをもらうことも想定して

VISAカードやJCBカードと合わせて全国百貨店共通商品券

も購入するとお得になります。

 

 

 

例えば先程と同様で2300円分の買い物をする予定だとします。

1000円分のVISAカードは985円で

1000円分の全国百貨店共通商品券は991円で販売されているとします。

(価格は例えです)

VISAカード2枚と1枚の全国百貨店共通商品券を購入すると

985円×2枚+991円=2961円の出費です。

 

 

 

この3枚の金券を使って税込み2300円の物を

購入するともらえるお釣りは700円

(=金券3000円分-2300円)です。

3000円分の金券を2961円で購入して、

お釣りの700円をもらえたので、

実際の出費は2961円-700円=2261です。

 

 

 

通常なら2300円の出費となっていたものが

金券を利用することで2261円の出費で済みます。

数十円というわずかなお得ですが・・・

 

 

 

同じ2300円の商品を

3000円分全国百貨店共通商品券で支払うとすると

3000円分の全国百貨店共通商品券の購入代金は

2973円 (=991円×3枚)です。

 

 

 

3000円分の全国百貨店共通商品券で2300円の商品を

購入するとお釣り700円がもらえるので、

実際の出費は2973円-700円=2273となります。

 

 

 

全国百貨店共通商品券よりも販売価格の安い

VISAカードやJCBカードも利用すると

僅かな額ですがお得になります。

 

 

 

買い物前に金券ショップに寄るのは

手間になりますが、賢く買い物できます。

 

 

 

お店での支払い時にVISAカードまたはJCBカードと一緒に

1枚の全国百貨店共通商品券を支払うとお店の方は

ちゃんとお釣りが出るように対応してくださいます。

 

 

 

公共交通機関をお得に利用する方法

 

金券ショップでは、新幹線や在来線などの

切符も購入できます。

ですので、通常よりも安く切符を買うことでお得になります。

 

 

 

JRを利用してA駅からY駅に行きたいとします。

A駅からY駅までの切符は販売されていません。

A駅とY駅の途中にあるM駅までの運賃の切符なら販売されています。

(位置関係:A駅→M駅→Y駅)

A駅→M駅までの運賃分の切符を購入します。

これは当然ですね。

 

 

 

M駅からY駅までの運賃は、乗り越し清算してもいいですが、

もっと得をするなら、M駅からY駅までの

運賃分の切符を購入します。

するとM駅からY駅までの電車代は

乗り越し清算するよりも安い価格となります。

 

 

 

電車に乗るまでに金券ショップに立ち寄る手間がかかりますが、

電車代を抑えることができます。

 

 

 

新幹線の切符も安く入手できるので、

活用範囲は広まります。

指定席の新幹線チケットも販売しております。

 

 

 

なお、座席指定をする際には購入したチケットを持って

JRの緑の窓口に行けばいいです。

乗車日、発車時間が既に指定されている新幹線

切符ではないので、ご安心くださいませ。

 

 

 

本日も最後までお読みいただいてありがとうございました♪

 

 

 

明日も天気がすぐれない所もあるようですね。

外出の際にはお気をつけてくださいね。

 

 

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆彡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください