幸せな老後をすごすためには

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内久美子です。

 

 

 

関東では8月に入ってから毎日雨が降っているようですが、

皆さま、体調等大丈夫でしょうか?

天気がすぐれないと体調も不調になるという

気候病もあるそうです。

 

 

さて、大阪は今日も暑いのですが、

暑いせいかなぜか集中できなくなる時があります。

頭では行動しようと思っていても、

なかなか行動に移せない・・・又は、

行動できても集中力が持続しないなどなどです。

私は、そんな時には断捨離や家の掃除を気合いを入れてします。

特に断捨離は集中できて、すぐに片付きます!

 

 

 

もし、集中できないことがあれば、

目の前の事はいったん保留にして、

何か気晴らしできることをされてはどうでしょうか??

掃除もお勧めですよ♪

 

 

 

 

さて日本は相変わらず平均寿命が世界でもトップクラスです。

少子高齢化が急速に進む日本では、老後の社会保障は

十分ではないと思われます。

そこで、本日は長生きのリスクについてお話いたします。

不安を抱えながら、老後を迎えるのではなく、

不安を解消して明るい老後を迎えましょう!

(皆さまは、老後はまだまだ先だと思うので、

少し、気が早いですが・・・(焦))

 

 

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

老後に不安を感じてしまう訳

 

老後の事を考えると不安に思われる方もおられると思います。

実は私も以前は、老後の事を考えると気が滅入ってしまいました・・・

なぜ不安に感じるんだろうと探っていくと、

年金支給額だけで生活をしていけるのかわからないからでした。

人は、分からないことが多いと不安を感じる傾向があるようです。

 

 

 

高校などに入学前は、学校生活が想像できずに、

不安を感じられたことがあるかもしれません。

それと同じように将来の生活を想像できないので、

不安を感じてしまいます。

 

 

 

皆さまが老後を迎えられる数十年先は、

どのような時代になっているか想像が難しいですね・・・

また、社会保障が日本の財政を圧迫しているという

報道を聞くと年金ことが気になり、余計に不安感を

抱かれるかもしれません。

 

 

 

話は変りますが、今はレコードやカセットテープが

再評価されているのですね。

カセットテープ型のICカード入れが販売されていたり、

レコードも売り上げが伸びているようで、こんな時代が来るとは

思っていませんでした。

レコード、カセットテープはもう日の目を見ることがないツール

だと思っていました。

今から数十年先がどうなっているのか、全く想像ができませんね(汗)・・・

 

 

 

公的年金はあてにしない

 

公的年金の支給額は個人の所得額に応じて異なります。

また、支給額は今後減少する可能性もあります。

老後の生活費の原資は・・・

公的年金、退職金、貯えの3つです。

公的年金があてにできないとなると、

老後資金は退職金、貯えに頼らざるを得なくなります。

退職金もあてにするのは難しいかもしれませんね。

全ての企業が退職金を支給できるとは限らないです・・・

 

 

 

そうなると、貯えに頼らざるを得なくなります。

老後生活を賄うだけの貯えを用意するのは、大変です!!

ですが、老後破産は避けたいですよね。

となると、定年後も収入を得る仕組みがあれば、

貯えが十分でなくても生活していくことが出来ますね(^^)

最近は働き方改革など言われ、起業や副業をされる方も多いです。

 

 

 

毎月収入を得るための手段として、毎月分配金をもらえる

投資信託を購入される方も多いようです。

ちなみに、若い皆さまには毎月分配金をもらえる

投資信託はあまりメリットがないので、現段階ではお勧めしません。

 

 

 

毎月分配金の投資信託のメリットが少ない原因は・・・

・購入時や投資信託保有中の手数料が割高

 

・分配金をもらう度に税金が20%程引かれる

 

・分配金をもらう度に投資信託の基準価額がその分減る

 

です。

 

 

 

老後の不安をなくすには貯蓄に目を向ける

 

若いうちから老後用の貯蓄をしておくことが、

一番手っ取り早い方法だと思います。

貯蓄額が増えると達成感や自信にもつながると思います。

 

 

 

貯金貯金で必死になっているとストレスも溜まるかもしれません。

ストレスなく取り組むためにも

買い物をする際に後悔のない買い物をしてください。

レジに行く前に冷静になって、本当に必要なのか

自問してください。

無くてもやっていけるものなら、購入は諦めましょう。

 

 

 

一回の買い物ではわずかな額の出費を防ぐことしかできなくても

それを習慣にしていただくと長期的に見るとかなりの額になります。

 

 

 

そして、そのまま年をかさねられると老後になっても

不要な物は購入しない癖がついているので、

限られた生活費でも十分な生活を送ることが出来ます。

 

 

 

何度もお伝えしていますが、金融商品の

積立をする場合には積立期間が長いほど、

得られるリターンは多くなります。

また、毎月の積立額も少なくて済みます。

 

 

 

例えば、2000万円を用意するために

リターン3%で積立てをする場合には

積立期間が25年の場合⇒毎月の積立額は4万4842円必要です。

 

積立期間が10年の場合⇒毎月の積立額は14万3121円必要です。

 

 

 

楽天証券の積立シュミレーションサイトで計算できるので、

良ければ、他の条件もシュミレーションしてくださいね。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/simulation/

 

 

 

老後のために何か行動をされていると、

安心にもつながります。

 

 

 

リタイア後は幸せな生活を送れるように

お金の知識をつけて、実践もしてくださいね♪

 

 

 

本日も最後までお読みいただいてありがとうございます!!

 

 

 

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆彡

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください