活用しやすくなった医療費控除の変更点 平成29年

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内久美子です。

 

 

 

最近は毎日寒く寒さに弱い私は毎日が寒さとの闘いです。

これから、どんどん寒さが増していくと思いますので、

皆さま、お体には気を付けてくださいね。

さて、毎年インフルエンザの予防接種を受けようか迷うのですが、

答えが出た時は既に年が明けており、予防接種をするために病院に行って

感染したらどうしよう・・・と思い、結局は予防接種をしません・・・

 

 

現状では、インフルエンザの予防接種はまだ受けておりません・・・

さて、本日は年末も近いので医療費控除について再度お話させていただきます。

本日もよろしくお願いします。

 

 

医療費控除とは

 

1月1日から12月31日までの1年間に支払った医療費の

合計が10万円以上の場合に10万円を超えた金額に相当する

所得税が戻ってくる制度です。

 

 

なお、その年の所得が200万円未満の場合は、

総所得金額の5%相当額がご自身で負担する医療費の上限となっております。

 

つまりその年の総所得金額が100万円の場合には、

医療費の自己負担額上限は100万円×5%である5万円となります。

 

 

例えば、その年の総所得が300万円の場合には

医療費の自己負担額は10万円までです。

 

 

例として1年間に支払った医療費の合計が40万円で、

入院をしたために保険会社から支払いを受けた給付金が20万円だとすると

40万円(支払った医療費)−20万円(保険会社からの給金額)である

20万円が実際の自己負担額になります。

 

 

 

この例の場合に医療費控除の対象となる金額は

20万円(自己負担額)-10万円(医療費の年間の自己負担額の上限額)

である10万円となります。

 

 

 

医療費控除の申請をすると先ほどの例では

自己負担額を越えた10万円に対しては所得税がかかりません。

会社員の場合は、所得税は毎月のお給料からすでに支払い済みですので、

支払済みの所得税の中から、医療費控除対象金額(先ほどの例では10万円)に係る

所得税額の還付があります。

つまり所得税が一部戻ってきます。

 

 

復興特別所得税を考慮しないで計算すると、

10万円の所得に対する所得税は5%なので

10万円の5%である2万円(=10万円×5%)の所得税の還付を受けることが出来ます。

 

 

 

注意点として、

医療費控除はいくらでも控除してくれるわけではありません。

医療費控除の上限額は200万円です。

 

 

 

支払った税金から、還付金を受け取ることが出来るので、

是非活用していただきたい制度です。

 

 

 

医療費控除の対象となる項目

 

医療費控除の対象適用、適用外の説明をしたくて、

本日はこのテーマにしました。

 

 

結論を先にお伝えしますね。

医療費控除の対象となるケースは以下の通りです。

以下に挙げていない項目は医療費控除の対象外です。

 

 

医療費控除の対象となる医療費
・保険適用診療を受けた際の窓口で支払った医療費
・先進医療の医療費(注1)
・通院の際の交通費(注2)
・出産費
・薬局で購入した治療薬
・重大な疾患が発見され、治療をすることになった場合の人間ドック代
・介護保険における施設・居宅サービスの自己負担額

 

 

 

(注1)先進医療

大学病院など特定の医療機関で実施されている医療技術のうち、

厚生労働大臣の承認を受けた医療の事を言います。

先進医療は通常よりも医療費が高額になります。

 

 

 

(注2) 通院の際の交通費

公共交通機関を利用した場合の交通費や

やむを得ずタクシーを利用した際の交通費が対象となります。

車で通院した際のガソリン代や駐車場代は対象外です。

 

 

 

医療費控除の対象外の医療費は・・・

サプリメント代、美容整形代、コンタクトレンズ眼鏡代

インフルエンザなどの予防接種代などです。

 

 

 

これからの時期にはインフルエンザの予防接種を

される方も多いと思いますが、医療費控除の対象ではありませんので、

ご留意ください。

 

 

 

なお、持病がありインフルエンザに感染すると危険なので、

インフルエンザの予防接種が必要と医師が判断した場合に

摂取した予防接種代は医療費控除の対象となります。

 

 

通院の際の交通費も医療費控除の対象となります。

ですので、交通費がいくらかかったのかメモを忘れないようにしてください。

 

 

 

平成29年 医療費控除の変更点

 

医療費控除は納税者本人または納税者と生計が同じ親族のために支払った医療費

が対象となります。

収入を得ている方が複数名いる同一生計の家庭では、

所得の多い人を申請者として医療費控除を行うと

還付される所得税は多くなります。

所得の多い方は、その分所得税率も高いので戻ってくる

所得税も多くなります。

 

 

 

医療費控除の申請をするには確定申告をしなければいけません。

確定申告書及び医療費控除明細書を作成し、医療費の領収書を

添付して所轄の税務署に郵送しなければいけません。

確定申告と聞くと難しそうな印象を持たれるかもしれませんが、

国税庁の確定申告書作成サイトではわかりやすく説明してくれています。

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm

 

 

 

少し面倒な作業ですがお金が戻ってくるので、

対象となる方は是非ご利用くださいませ。

 

 

これまでの医療費控除申請との変更点は

確定申告時に医療費の領収書の提出は不要となったことです。

ただし、税務署から領収書の提出を求められる場合もあるので、

医療費の領収書は、5年間は保存してください。

 

 

医療費控除明細書は国税庁のサイトにあるので、

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/h29junbi/h29_iryohi-download.htm

 

 

様式をダウンロードして、いつどの病院で医療費をいくら支払ったのか等

入力してください。

なお、加入されている健康保険から届く「医療費のお知らせ」を

医療費控除明細書の代わりとして使用することもできます。

「医療費のお知らせ」はいつ、どの病院でいくら支払ったかをまとめた様式です。

 

 

 

医療費の負担を抑えることが出来る制度ですので、

機会があれば活用してくださいね。

 

 

もし医療費控除をされる際には、面倒な作業だなと

思われるかもしれません。

ですが、お金が戻ってくる(ワクワク)と感じながら申請書を

作成すると苦痛ではありません。

楽しみながら作業をして気分を明るく保ってくださいね。

 

 

同じ作業をするのでも、ワクワクしながら行う作業と

嫌々する作業では効率も違ってくると思います(^^♪

 

 

本日も最後まで、お読みいただいてありがとうございました。

 

 

明日以降に冷え込みが続くようです。

年末で忙しい時期だと思いますので体調にはお気をつけてくださいませ。

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆彡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください