楽にお金が貯まる仕組み

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内久美子です。

 

 

 

お金を貯める必要はわかったけど、どう行動したらいいのか

分からないって考えておられませんか?

毎月、〇円は貯金しているつもりだけど、

結果として毎月〇円を貯金できていない・・・

なんで、こうなるのかわからない・・・

といった状況に直面されている方には

お役に立てる内容です。

本日は、お金を貯める仕組みづくりについてお話いたします。

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

お金が貯まる仕組み

 

昨日のブログでは、

お金がいつ頃、いくら必要なのか

紙に書き出しましょうという内容でした。

 

 

 

では目標を達成するためにはどのような仕組みにすれば良いのでしょうか?

それは、毎月のお給料の先取り貯金です。

つまり、毎月のお給料から生活費等の支出を

除いた残額を貯金にまわすのではなく、

毎月のお給料から、まずは貯金分を先取りします。

貯金額を差し引いた残額で、生活費を賄います。

 

 

 

先取り貯金のメリット

 

・毎月、確実に設定した金額を貯金または

積立てることが出来ます。

 

 

・お給料が入ると自動的に貯金額が引き落しされるシステムを

利用すると、勝手にお金が貯まっている状況を作ることが出来ます。

 

 

・積立ているお金を簡単に引き出すことが出来ないので、

積立金を取り崩すケースが少ないです

 

 

 

先取り貯金のデメリット

 

デメリットは特に見当たりません。

 

 

 

毎月のお給料の中から、生活費を除いて残った金額を

全額貯金に回すのは、誘惑が多いため困難です。

今月は◆円残っているから、前から欲しかった△△を買おう!

とか、今月だけ、余ったお金を使って××しよう!などなど

誘惑が本当に多いです。

また、毎月の余ったお金の使い道に理由をつけて、

お金を使うことを正当化してしまいます。

結果として、今月も貯金できなかった・・・という状況に

なりかねません。

 

 

 

ですので、自動的に貯金分が自動引き落としされる仕組みは

お金を貯めるうえでは有益な仕組みです。

 

 

 

先取り貯金の手段

 

先取り貯金には色々な手段があります。

例えば、積立型の定期預金

投資信託等の金融商品の積立

お勤めの会社に持株会がある場合は持株会

百貨店の商品券の積立などです。

 

 

 

自動積立をする場合には、初めに積立の申し込みを

する手間がかかりますが、一旦申し込みを行うと

後は全て自動で引き落しをしてくれます。

 

 

 

このような自動積立の仕組みを利用すると

簡単にお金を増やしていけます。

 

 

毎月の積立額と積立期間、積立を行う金融商品の金利がわかれば、

積立総額を算出することが出来ます。下のPDFをご参照ください。

積立総額の算出式が記載されたPDF

 

 

上のPDFには、

毎月1万円(年間12万円)を積み立てると将来いくらになるか

金利に応じた額が記載されています。

 

 

 

例えば、毎月2万円(年間24万円)を金利0.5%で積立てる場合、

10年後の金額は・・・

(年間の積立額24万円)÷(12万円)×122万7363円(PDFの表より)

=約245万4730円となります。

 

上式での122万7363円は金利0.5%の積立期間10年の

欄に記載されている金額です。

算出式で毎月の積立金額である24万円を12万円で割っている理由は、

上に添付したPDFの表では毎月1万円(年間12万円)を積み立てた場合の

積立総額が記載されています。

ですので、年間の積立金額が12万円に対して何倍に相当するのかを

求めて、積立総額の算出をする必要があるからです。

 

 

 

上に添付した積立総額の算出シートを活用すれば、

積立期間及び適用金利がわかれば、毎月の積立額を

求めることが出来ます。

例えば、金利1.0%で10年間積立てを行い、200万円程にしたい場合は

(毎年の積立額Y)÷(12万円)×125万5466円(PDFの表より)

=200万

 

より毎年の積立額Yは

200万円 ÷ 125万5466円 ×12万円の式から

約19万1000円となります。

年間で19万1000円なので、

毎月の積立額は約1万5900円(=19万1000円÷12)となります。

 

 

上式での125万5466円は金利1.0%の積立期間10年の

欄に記載されている金額です。

 

 

 

これから積立に取り組まれるのでしたら、

早めに始めることがお金もより増えます。

まだ、先取り貯蓄として積立をされていない方は、

是非来年の目標として先取り貯蓄を開始されてはどうでしょうか?

 

 

 

本日も最後まで、お読みいただいてありがとうございました。

 

 

 

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆彡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください