保険金に税金がかかる個人年金保険、終身保険

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

加入されている保険から受け取る保険金には

税金がかかるものもあります。

本日は、保険に係る税金についてお伝えします。

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

税金のかかる保険とかからない保険

 

まず、税金のかからない保険について見ていきましょう。

 

税金がかからない保険

・入院、手術、通院により受け取る保険金

・リビングニーズ特約による保険金

・特定疾病保障保険による保険金

・がん診断給付金

・先進医療給付金

・介護年金、介護一時金

 

 

 

なお、リビングニーズ特約は、

被保険者(保険の対象者)が余命6カ月以内と

医師に診断された場合に死亡保険金を前払いで

受け取ることが出来る仕組みです。

このリビングニーズ特約は、

死亡保険金が支払われる保険には、自動でついています。

特約を付加するために費用は発生しません。

受け取った保険金は使用用途に制限がありません。

治療費としても使えますし、生活費にも使えますので、

お金のことを気にせず治療に専念する手助けになります。

 

 

また、特定疾病保障保険とは、

ガン、急性心筋梗塞、脳卒中になった場合に受け取れる

保険金です。死亡保険金額と同額の保険金を受け取ることが出来ます。

治療費の負担を軽減できる効果があります。

 

 

 

税金がかかる保険

 

上に記載した税金がかからない保険以外の保険金が該当します。

例えば

・死亡したことにより支払われる保険金

・終身保険が満期になったために支払われる保険金

・個人年金保険

などです。

 

 

死亡した場合に受け取る保険金は、

保険契約者(保険金を支払う人)、保険金の受取人によって、

税金の種類が異なります。

 

 

死亡保険金の場合

保険契約者 被保険者

(保険対象者)

保険金の受取人 税金の種類
Aさん Aさん Bさん 相続税
Aさん Bさん Aさん 一時所得としての所得税
Aさん Bさん Cさん 贈与税

 

 

相続税の場合は、次の金額は非課税となります。

非課税限度額=500万円×法定相続人の数

 

 

法定相続人には相続放棄をした人も含まれます。

例えば、受け取る死亡保険金が1000万円で

法定相続人が3人の場合は、

非課税限度額は500万円×3人=1500万円です。

死亡保険金1000万円<1500万円なので、

受け取った死亡保険金1000万円は全額非課税となり、

税金がかかりません。

 

 

このように死亡保険金には非課税枠が大きいので、

相続税対策で保険に加入されるケースもあります。

 

 

 

満期保険金の場合

保険契約者 被保険者

(保険対象者)

保険金の受取人 税金の種類
Aさん Aさん Bさん 贈与税
Aさん Aさん

Bさん

Aさん 一時所得としての所得税

 

 

 

貯蓄目的で加入した満期保険金を受け取る際の税金

 

貯蓄機能のある終身保険の場合、

指定した保険期間を満了すると、保険を解約して

保険金を受け取ることが出来ます。

保険契約者も被保険者(保険対象者)も保険金受取人も

ご自身の場合に受け取る保険金は一時所得として

所得税がかかります。

 

 

以下の式によって算出した金額が一時所得となります。

一時所得=受け取る保険金-支払い済みの保険金-特別控除50万円

 

例えば、受け取る保険金が400万円で支払い済みの保険金が300万円とすると

一時所得は400万円-300万円-50万円=50万円となります。

上の式で算出した一時所得額の1/2の金額を給与所得など

の所得と合算して所得税が算出されます。

 

なお、受け取る保険金と支払い済みの保険金の差額が50万円以内の

場合 (受け取る保険金-支払い済みの保険金≦50万円)は、

一時所得はゼロとなるので、税金はかかりません。

 

 

 

貯蓄性のある保険の場合にはいつまで保険を継続すると

将来はいくらになります・・・というご説明は聞かれると思います。

老後資金としての備えとされているかもしれません。

ですが、税金がかかる場合もあるので、その点も考慮して

くださいね。

 

 

 

個人年金保険を受け取る際にかかる税金

 

契約者(保険金支払者)と年金受取人が同じ場合は、

個人年金保険から受け取る年金は雑所得として所得税と住民税がかかります。

雑所得の計算は、

雑所得=受け取る保険金-保険金を受け取るための経費 です。

 

保険金を受け取るための経費とは、保険金を受け取るために

要した費用の事を言います。

毎年30万円の年金を20年間受け取れる個人年金で

支払済みの保険金が500万円だとします。

この保険は1年あたり30万円を20年もの間受け取るために

500万円の保険金を支払ったことになります。

ですので、1年間にもらえる保険金30万円に

要した経費は30万円×500万円÷(30万円×20年)=25万円となります。

 

 

 

詳しく説明すると・・・

保険金500万円を支払ったので、その保険金を元に

毎年30万円を20年に渡って受け取ることが出来ます。

受け取る年金総額600万円(30万円/年×20年間)のうち、

500万円は皆様が負担したお金です。

つまり、500万円は年間30万円の年金を受け取るために要した経費です。

となると受け取る保険金総額600万円に対して、経費に相当する額は500万円です。

よって、受け取る保険金30万円のうち、皆様が負担した経費分に相当する金額は・・・

30万円×500万円/受け取る保険金600万円=25万円となります。

 

 

 

このように個人年金保険や満期保険金では、

税金がかかるので、そのことも考慮して将来のお金の事を

考えてくださいね。

 

 

 

お金の事は、難しいと思われるかもしれません。

ですが、皆さまが望むような生活を送られるためには、

お金の事に向き合っていただきたいです♪

 

 

 

お金の事をじっくりと考えていただき、

不安をなくすために行動をされたことは

いずれ役に立つと思います。

皆様のお役に立てる手助けになれば嬉しいです!!!

 

 

 

本日も最後まで、お読みいただいてありがとうございました。

今年も残りわずかですが、今年の残りも

皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆彡

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください