投資信託とは少し異なるETFとは

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

寒い日が続いていますが、皆さま体調は大丈夫でしょうか?

身体を温めてくださいね。

 

 

 

さて、投資商品にETFってのがあるけど、よくわからない、

なんて思われていませんか?

本日は、ETFについてお伝えさせていただきますね。

本日もよろしくお願いいたします。

 

 

 

ETFとは

 

ETFはExchanged Traded Fundの頭文字をとったもので、

東京証券取引所などの取引所に上場されている投資信託の事を言います。

取引所に上場しているので、売買方法は株式と同様です。

ETFの売買方法は株式と同じなので株式の性質もあり、

投資信託の性質もあるので、

株式と投資信託の中間のような位置づけになります。

 

 

 

ETFは投資信託の性質を持つので、1つのETFを

購入すると複数の企業に投資できます。

そのため、分散投資ができます。

 

 

 

ETFと投資信託の違い

 

 

  ETF 投資信託
取引所に上場しているか? 上場 非上場
取引価格 証券取引所の取引時間内で変動する。(株と同様) 1日に1回算出
購入場所 証券会社

 

投資信託により異なる。

証券会社に口座を開かなくても購入できるものもある

購入手数料 証券会社が設定している価格。(株式と同様で購入価格により手数料が異なる) 投資信託により異なる。

費用が不要のものもある

信託報酬

(保有時に係る手数料)

投資信託よりも低い

0.06%~1%

ETFよりも高い

0.5%以上

売却手数料 株式と同様、売買委託手数料が発生 場合によっては、信託財産留保額や換金手数料が発生

 

 

一番大きな違いは、ETFでは証券取引所の取引時間内であれば、

リアルタイムで価格変動を確認できるので、皆さまが売買をしたい価格を

狙って取引をすることが出来ます。

ETFを〇〇円で購入し、今現在の価格は△△円なので、

今売却すると利益はだいたい□□円になるとシュミレーションをしながら

取引ができますね。

 

 

ETFを手軽に取り組める仕組みとして、

THEO(テオ) https://theo.blue/about

というものがあります。

これは、THEOと証券口座開設および投資一任契約を結びます。

そして、毎月設定金額でETFの積立を行います。

どのようなETFを購入するかは、自分で決めることもできますし、

ロボアドバイザーにお任せすることもできます。

ETF購入のタイミングもTHEOが判断してくれます。

ですので、皆さまはお金を出せば、後は自動で対応してくれます。

投資信託の積立を行う感覚でETFの積立ができる仕組みです。

複数のETFの積立を行うと、時間の経過とともに

各ETFの構成割合が変わってきます。

THEOではETFの構成割合を定期的(1か月又は3か月ごと)に

初期の割合に修正(リバランス)してくれます。

資産割合を自動修正してくれるシステムは、

THEOの大きなメリットです。

 

 

 

ETFの投資先

 

ETFには沢山の種類があります。

日本株式指数に連動しているものやREIT(不動産)の値動きに連動しているもの、

外国株式の値動きに連動しているものや、

金や原油などの商品価格に連動しているものなど様々です。

 

 

 

種類が多いので、なかなか自分で決めることが出来ない場合には

先ほどのTHEOのようなロボアドバイザーを活用すると効率がいいですね。

 

 

 

なお、今年から開始した積立てNISAでETFの取り扱いも

しているのは大和証券しか見当たりません。

ここでは3本のETFを積立てNISAの対象としています。

大和証券のサイトアドレスです↓

http://www.daiwa.jp/nisa/tsumi_nisa/#anc-01-01

 

 

 

ETFは株と投資信託の中間のようなものなので、

株の購入をする前の勉強の一貫としてETFを活用することも

できますね。

 

 

 

このブログが皆さまの金融知識を増やす手助けになれば

嬉しいです。

 

 

 

本日も最後まで、お読みいただいてありがとうございました。

今週末は寒さが緩むようですね♪暖かい服装をしてくださいね!!

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください