資産運用デビューの際に感じる不安の原因

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

さて、何事でも新しいことを始める前には不安が募りませんか?

投資も同様、初めて取り組まれる方は不安に感じられるかもしれません。

そんな、投資の不安を感じさせてしまう心理的要因について

お伝えさせていただきますね。

本日もよろしくお願いいたします。

 

 

 

資産運用に初めて挑戦する際に感じる不安の原因

 

資産運用をされたことがない方が、投資信託等の

投資商品を購入される際に不安に感じることがあるかもしれません。

なぜ、そのような不安を感じてしまうのでしょうか?

 

 

 

それは、損をしたらどうしよう、損をしたくないという

気持ちが強くなるからです。

経済学と心理学を融合した分野である行動経済学では、

先ほどのように損をしたくないという気持ちが強くなる現象を

損失回避と言います。

をするよりも損をしたくないという気持ちの方が強くなります。

 

 

 

例えば、1万円で購入した株などの投資商品の価格が、

値上がりし、1万1000円になった時に感じる喜びと、

投資商品の価格が値下がりし9000円になった時に感じる悲しみでは

9000円に値下がりした時に感じる悲しみの方が大きいと言われています。

 

 

1万円が1万1000円になった時も1万円が9000円になった時も

変化額はどちらも同じ1000円です。

(1万1000円-1万円=1000円、1万円-9000円=1000円)

金額の変化額はどちらも同じ1000円ですが、

損をした時の方がより強い感情(この場合は悲しみですね)を感じてしまいます。

 

 

 

このような損失回避の影響で、資産運用に初挑戦する前には

損をしたらどうしようとまだ起こっていない損失に対して

強い不安を感じてしまうことがあるかもしれません。

 

 

 

損をしたくないという気持ちが強く働きすぎると

損をする可能性があるなら、何もしないでおこうと考えてしまいます。

資産運用に初挑戦される前にこのような考えを持たれると、

資産運用に挑戦するのは辞めようと考えてしまいます。

 

 

 

また、別のケースとして何か決断を迫られたとします。

例えば、資産運用に挑戦するかしないかという決断に迫られたと仮定します。

何か決断をしなければいけないときには、

決断をして変化が生じた場合に得る喜びよりも

(例えば、資産運用に挑戦したとすると資産額の増加による喜び)

決断をして何かが悪化して得る悲しみ

(例えば、資産運用に挑戦したとすると資産額の減少による悲しみ)

の方が強調され、悲しみたくないので現状のままでいようと決断してしまいます。

 

 

頭の中での感情は下図のようになります。

 

 

資産運用をするかしないかの決断の場合でしたら、

資産運用には挑戦しないで、現状のままでいようという決断をしてしまいます。

このような現状の変化によった生じる可能性のある悲しみを過大評価し、

現状を維持する選択をすることを

行動経済学の分野では現状維持バイアスと言います。

 

 

 

現状維持バイアスや損失回避が

初めて挑戦する資産運用にはなかなか踏み切れない原因

になっている可能性もあります。

 

 

 

現状維持バイアスも損失回避も

資産運用以外の日常生活の中でも起こります。

例えば、転職の場合ですと

転職先では給料は増え、通勤時間は短くなる、

でも勤務時間が以前よりも長いという場合には、

給料アップ、通勤時間の短縮により得られる喜びと

勤務時間が長くなることによる悲しみを天秤にかけ、

転職するか、しないかをなかなか決定できないなどといった

ケースもあります。

 

 

損失回避、現状維持バイアスと向き合うには

 

同じ金額でも得をした時よりも

損をした時に感じる感情の方が大きい損失回避も

決断をして生じる変化によって得る悲しみを過大評価して

結局は現状を維持する選択をする現状維持バイアスも

決して悪いことではありません!!

 

 

 

このような感情に押されて、皆さまが行動を抑えられることや

変化するチャンスを逃すのはもったいないです。

もちろん、それは資産運用だけに限らず、

人生での様々な出来事に対してです。

 

 

 

ではどのようにして資産運用を行う上で、

損失回避と現状維持バイアスと向き合えばいいでしょうか?

 

 

損失回避との付き合い方

 

長期に渡って資産運用を行う場合には、資産価値が目減りすることもあります。

景気には波があるので、仕方のないことです。

プロの投資家でも資産価値が目減りすることはあり得ます。

例えば、リーマンショックなどの株価が暴落した際には、

資産価値が目減りした方は多くいます。

ですので、資産運用、特に投資信託での運用では、

損失となることも利益となることも両方あると

考えていただき、楽観的に考えていただきたいです。

 

 

 

購入している投資商品を換金する際に利益が出ていれば

問題ないので、運用途中で資産価値が目減りしても

一時的な目減りの場合もあるので、気を重くしないでください。

何か気にすることがあると心が曇り、

どんよりとした気分になってしまいます。

今は目減りしているけど、将来はいい方向に行く!!と

前向きに捉えていただきたいです。

物事の捉え方次第で気持ちが大きく変わります。

皆様にとって、気持ちが楽になるように

物事をとらえてくださいね♪

 

 

 

現状維持バイアスとの付き合い方

 

現状維持バイアスも選択したことによって生じる悲しみを

クローズアップしてしまいます。

迫られた選択をされる際に選択することによって得られる

メリット、デメリットを考えて判断をしていただきたいです。

例えば、資産運用をするかしないかの判断の場合でしたら、

資産運用をするメリットとして

定期預金よりもリターンの多い商品で運用するので、

お金の増えるペースが速いなどがありますね。

デメリットとしては、資産価値が目減りする可能性がある

等がありますね。

 

 

現状を維持した場合のメリットとデメリットも考えていただき、

綜合的に判断をしてください。

デメリットだけに注目して判断をするのはもったいないですし、

メリットしか考えずに判断をするのは、危険があります。

ですので、デメリットも理解したうえで、それでもメリットの方が

大きいのか考えていただきたいです。

 

 

 

先ほどの例でも挙げた転職の場合なども

メリットとデメリットを考えて、選択をすれば

よりよい選択ができるはずです。

 

 

 

最近、朝は凄く冷え込みますね。

お体には気を付けてくださいね。

そして車通勤をされている方は路面凍結や雪など、

気を付けてくださいませ。

 

 

 

本日も最後まで、お読みいただいてありがとうございました。

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください