年金の仕組みを理解して不足分を補う

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

先日、年金の支給開始年齢を70歳以降に先延ばしできる仕組みを

政府が検討しているという報道がありました。

将来の年金に不安を感じられた方も多いと思います。

本日は年金の仕組みについてお伝えします。

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

年金体系

 

日本の年金は公的年金と私的年金の2つに分類されます。

 

 

公的年金は国民年金及び厚生年金のことを言います。

国民年金の加入義務者は日本国内に住所のある

20歳以上60歳未満の方です。

国民年金は加入者の状況により3つに分類されます。

 

 

 

国民年金加入者の区分

 

1  第1号被保険者

日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の方で

国民年金第2号被保険者及び第3号被保険者に該当しない

自営業者、農業者、学生、議員などの方及びその配偶者が該当します。

 

 

 

2  第2号被保険者

会社員や公務員などの厚生年金に加入冴えている方が該当します。

第2号被保険者は日本国内に住所を有する必要がないため、

外国勤務の会社員や20歳未満、及び60歳以上の会社員なども該当します。

第2号被保険者の国民年金保険料は厚生年金から一括して拠出するので、

個人での負担はありません。

会社員や公務員の方の給与明細には、

「厚生年金」という項目はありますが、「国民年金」という項目はありませんね。

 

 

3 第3号被保険者

国民年金第2号被保険者の扶養配偶者のうち、20歳以上60歳未満で、

かつ年収が130万円未満の方が該当します。

第3号被保険者の届け出を行うことで、厚生年金から国民年金へ拠出されますので、

個人での保険料負担はありません。

 

 

国民年金の加入義務があるのは60歳までです。

国民年金保険料払込み期間が短いため、

年金の受給要件を満たしていない方や

支給される年金額が満額ではないため支給額を増やしたい方は

60歳を迎えた後、65歳に達するまでは国民年金に任意で加入できます。

 

 

 

なお、65歳まで国民年金に任意加入をしても年金の受給資格を

満たさない方は、更に70歳までの期間を国民年金に任意加入をすることが出来ます

 

 

 

厚生年金

 

厚生年金は適用事業所に勤務している70歳未満の方が被保険者となります。

国民年金の場合は65歳まで(受給資格期間を満たさない場合は70歳まで)

しか加入できないのと比べると厚生年金は上限年齢が高く設定されています。

 

 

 

厚生年金の保険料は事業主と従業員とで半分ずつ負担します。

毎月のお給料と賞与に対して同じ保険料率で保険料が決まります。

なお、毎月の厚生年金保険料は以下の式で決まります。

毎月の厚生年金保険料=標準報酬月額×保険料率(183/1000)

 

 

保険料率は平成28年9月~平成29年8月までは181.82/1000

と現行の保険料率 183/1000よりも低かったのですが、

平成29年9月以降は183/1000に固定されました。

上式で求めた保険料を事業主と従業員で折半して負担します。

 

 

 

なお、厚生年金保険料を求める際の元になる標準報酬月額は、

4月~6月の3か月間に受けた報酬額の月平均額です。

標準報酬月額の基礎となる報酬には給料の他、

家族手当、時間外手当、住宅手当、通勤費も含まれます

つまり、引っ越しにより通勤費が大幅に高くなった場合は、

負担する厚生年金保険料も僅かに増えます。

 

 

年金の構造

 

年金の構造は建物に例えられます。

「年金は3階建て」という言葉を既に聞かれたことがあるかもしれません。

1階部分・・・国民年金

2階部分・・・厚生年金

3階部分・・・企業年金、確定拠出年金など

 

図には3階部分はありません・・・

 

 

 

自営業者の方は、国民年金に加入されているので、

受け取る年金は1階の国民年金となります。

別途加入されていた場合は確定拠出年金なども合わせて受け取ることが出来ます。

つまり自営業者の方は受け取る年金は1階部分だけ、

場合によっては1階部分+アルファとなります。

 

 

 

会社員の方は、国民年金と厚生年金に加入されているので、

受け取る年金は1階部分の国民年金と

2階部分の厚生年金

更に加入されていた場合は、企業年金や確定拠出年金となります。

つまり会社員者の方は受け取る年金は1階部分+2階部分

場合によっては、1階部分+2階部分+アルファの年金を受け取ることが出来ます。

 

 

 

年金の不足部分を補う

 

1階部分しかもらえない年金よりも

1階から3階までもらえる年金の方が、額も増え安心して生活できますね。

極力もらえる年金の階数を増やすために、できることがあれば

取り組んでみてはどうでしょうか?

会社員の方で企業型の確定拠出年金制度がない場合は、

個人型の確定拠出年金に加入するとか、

自営業の方も個人型の確定拠出年金を活用することで、

受け取る年金を増やすことが出来ます。

 

 

年金は65歳から支給されますが、支給時期を

60歳まで繰り下げることが出来ます。

この場合は、繰り下げ月数×0.5%分の年金が減額支給されます。

一方、年金の支給時期を70歳まで繰り上げることもできます。

この場合は、繰り上げ月数×0.7%分の年金が増額支給されます。

 

 

 

現行では、年金の受け取りは70歳までに行うような

制度になっております。

先日の政府が発表した「高齢社会対策大綱案」には

年金の支給開始時期を70歳以降も選択できる案が盛り込まれていました。

今後年金の受給開始時期が繰り上げられる可能性もあります。

そのような時に公的年金だけに頼っていると

生活資金に不足が生じるかもしれません。

公的年金だけに頼らずに皆さまが老後資金の準備をする必要が

あります。

 

 

 

定年までの時間を味方につけると、

コツコツ積立てたお金も大きな額になります。

 

 

目標、ゴールは大きくても

小さなことからコツコツと取り組まれてはどうでしょうか?

 

 

本日も最後まで、お読みいただいてありがとうございました。

明日以降は冷えるようなので、体調には気を付けてくださいね。

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください