公的年金の資産運用配分を自分なりにアレンジ

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

資産運用をされる際、どのような資産配分にするかで

悩まれると思います。

ネットに紹介されている資産配分は

私には合っているのだろうかと悩まれている方には

お役に立てる内容です。

本日は、公的年金の資産運用配分を活用についてお伝えいたします。

本日もよろしくお願いします。

 

 

投資をする際の資産配分の重要性

 

日本国債10年物の金利は0.105%(平成30年8月6日付)です。

投資信託の積立を行う場合、

日本国債のみを対象としている投資信託の積立を続けても

利益は多くないと想像がつきます。

理由は金利が0.105%と低いため、もらえる利息はごくわずかだからです。

 

 

 

一方、株式のみを対象としている投資信託の積立を

すると収益も多くなると期待できます。

株価下落のリスクはありますが、

株価上昇により日本国債より大きな収益を得る可能性が高いです。

 

 

同じ金額で資産運用をしても

投資先により収益に大きな違いが生じます。

そのため、どの投資先にどれくらいの割合で

投資をするのかが重要になります。

 

 

 

投資をする際の金融商品の組み合わせのことを

ポートフォリオといいます。

ポートフォリオを決めるには時間を要しますが、

時間がかかってでもしっかりと考えて決定する必要があります。

 

 

 

ポートフォリオを一から考えると時間がかかりますが、

既にあるポートフォリオを参考にすると

楽をして自分なりのポートフォリオができます。

 

 

 

参考にできるのは、公的年金の運用を行っている

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のポートフォリオです。

 

 

 

GPIFのポートフォリオ

 

GPIFのポートフォリオはHPで紹介されており、

下に示した配分です。

なお、カッコ内の値は許容変動幅です。

 

国内債券 35% (±10%)
国内株式 25% (±9%)
外国債券 15% (±4%)
外国株式 25% (±8%)

 

 

 

上記ポートフォリオに変更されたのは

2014年10月です。

 

 

それ以前は日本国債の割合が60%と高く、

株式の割合は24%程でした。

日本国債の割合が多いため、利回りが低く状態でした。

そこで、実質的な運用利回り1.7%が確保されるよう

上記のポートフォリオに変更されました。

 

 

 

GPIFのポートフォリオの

実際の成績を見てみましょう。

 

 

 

GPIFの運用成績

 

GPIFのHPに掲載されている各年の収益率は下の通りです。

債券割合を減らし、株式割合を増やした上記ポートフォリオは

2014年10月に変更となりました。

そのため、運用成績は2015年度以降のものを示しています。

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度
収益率 -3.81% 5.86% 6.90%

 

 

2015年度の収益率はマイナス3.81%と不調です。

実は、2015年にはチャイナショックという出来事があったからです。

アメリカの利上げと中国の景気後退により、

世界的に株価が下落しました。

もちろん日本の株価も下落し、

2015年7月から2015年9月のたった2か月で

日経平均株価は16%も下がりました。

 

 

 

2015年度はこのようなネガティブイベントがあったため、

収益率がマイナスとなっています。

 

 

2016年度、2017年度の収益率は6%前後と

比較的高い値です。

ネガティブイベントのあった2015年度から

2017年度までの3年間の平均収益率は

2.98%です。

 

 

 

GPIFがポートフォリオを変更してまだ4年弱しか経過していないため、

数年分の成績しか評価できませんが、

ネガティブイベントが起こっても

このポートフォリオでは年平均で3%の収益です。

 

 

 

3%で運用すると・・・

 

楽天証券の積立てシミュレーションを活用すると

積立額と積立期間、リターンに応じて最終積立金額が

分かります。

 

 

 

例えば、毎月1万円を30年間、リターン3%で積み立てると

最終積立金額は582万になります。

そのうち、運用で増えた金額は222万円です。

 

 

 

GPIFのポートポリオを参考にする

 

GPIFのポートフォリオでは株と債券の割合は

1:1です。

もう少し積極的に運用して多くのリターンを狙いたい場合には

株の割合をもう少し増やすこともできます。

もちろん、その分リスクも大きくなることを忘れないでください

 

 

 

資産運用で安全性または運用益のどちらを重視するのか、

どの程度のリターンを狙うのかなど方向性を決める必要があります。

次にGPIFのポートフォリオ等を参考にして各資産の配分を決定し、

積立てNISAやiDeCoを活用して資産運用をすると

将来の備えにつながります。

 

 

 

参考にできるポートフォリオがあれば、

投資への第一歩も進みやすいと思います。

コツコツと将来のために備えをされてはどうでしょうか?

 

 

 

今日も最後まで、お読みいただいてありがとうございました。

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください