海外旅行時に発生する出国税とは

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

来年より旅行等で海外に出国する際に

出国税が必要になることをご存知でしょうか。

本日は2019年から適用される出国税についてお伝えします。

本日もよろしくお願いします。

 

 

国際観光旅客税の創設

 

観光促進のための税金として

日本からの出国者に対して国際観光旅客税(出国税)が

課税されます。

 

 

適用時期

2019年1月7日以降の出国

 

 

税額

出国1回につき1000円

 

 

納税方法

チケット代に上乗せ

 

 

 

出国税はチケット代に上乗せされるので、

直接税金を納める必要はありません。

航空会社が、まとめて納税してくれます。

 

 

 

出国目的や国籍を問わないため、

日本を訪れた海外の方も課税対象となります。

 

 

 

出国税が非課税となる場合

 

出国税は以下の場合は非課税となります。

 

・乗り継ぎにより到着後24時間以内に出国する場合

 

・日本から出国したが天候悪化等により日本に戻ってきた場合

 

・飛行機、船舶の乗員

 

・2歳未満の方

 

 

 

出国税や航空税など課税している国は多いです。

海外航空券を購入時に払う料金は、

フライト代とは別に渡航先で義務付けられた税金、

航空保険料、燃料サーチャージなどを含めた金額です。

 

 

 

往復のフライト代は7万2000円ですが、

それに渡航先の税金などの諸費用3万5000円が

別途必要になり、購入額が10万円を超える場合もあります。

航空券に渡航先の税金も含まれているので、

税金を支払っている実感を得にくいですが、

実は税金をしっかりと払っているのです。

 

 

 

海外航空券代を安くするには、オフシーズンの旅行がねらい目です。

出国税1000円が課税されてもオフシーズンだと航空券代は1000円以上

安くなります。

場合によっては半額になることもあります。

 

 

 

もし可能ならばオフシーズンの旅行を検討されてはどうでしょうか♪

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください