知らないと損!病院での医療費を節約するコツ 

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

体調不良の際は医療機関のお世話になりますが、

医療費の負担が生じてしまいます。

できれば医療機関のお世話にならずに

支出を抑えたいです。

ですが、健康は資産なので体の不調があれば

治療が必要です。

そこで本日は病院での医療費を節約するコツについてお伝えします。

本日もよろしくお願いします。

 

 

 

病院での医療費を節約するコツ

 

病院での医療費は節約できないと

思い込んでいませんか?

実は、節約するコツが2つあります。

コツ1 かかりつけ医を持つ

コツ2 時間内に診察を受ける

です。

 

 

 

コツ1 身近なクリニックを受診

 

原因不明の体調不良になると大きな病院で

診察を受けた方がいいのかなと思われることはありませんか?

規模の大きな病院では医療設備も整っているため、

なんとなく安心だと思ってしまいがちです。

 

 

 

特定機能病院病床が500以上ある病院

大病院と分類されます。

このような大病院を受診する際、

他の病院からの紹介状がない状態で診察を受けると

紹介状なし負担額として5000円以上負担しなければいけません。

負担額は病院によって異なります。

 

 

 

紹介状のない状況で大きな病院で診察を受けると

待ち時間も長くなります。

2、3時間待ちもありえます。

体調が悪いのに待ち時間が長く、

医療費とは別に5000円以上を

負担するのは、できれば避けたいです。

 

 

 

そこで、まずは自宅や会社の近くにある

クリニックを受診しましょう。

つまり、気軽に相談できるかかりつけ医を持ちましょう。

お医者さんが大きな病院で診察を受けた方がいいと

判断された場合は紹介状を書いてくれます。

紹介状を書いてもらう料金は3割負担で一般的に750円程です。

紹介状を書いてもらう費用は保険適用です。

一方、紹介状がない状態で大病院を受診した際に

支払う紹介状なし負担額は保険適用外です。

 

 

 

コツ2 時間内に診察を受ける

遅くまで診察を受け付けている病院もありますが、

時間外診療を受けると医療費が加算されます。

 

時間 初診 再診
時間外加算 平日 6~8時、18時~22時

土曜日12~22時

850円 650円
休日加算 日曜、祝日、年始年末 2500円 1900円
深夜加算 22~6時 4800円 4200円

 

 

休日、時間外加算料は保険適用されるので、

実際の自己負担額は上記金額の1~3割です。

 

 

 

特に注意が必要なのが仕事後に診察を受ける場合です。

19時や20時まで受付をしている病院もあります。

受付しているから大丈夫と思いがちですが、

仕事後に病院に行くと18時~22時に診察を

受けることもあり得ます。

その結果、時間外加算料を負担しなければいけません。

平日の18~22時に初診を受けた場合の

時間外加算料は260円 (850円×3割)負担が増えます。

 

 

 

時間外加算料の負担を避けるためにも

平日病院に行く場合は、仕事を早めに切り上げて

病院に行かれることをお勧めします。

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください