コンサートチケット代を補償してくれるミニ保険

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

保険と聞くと生命保険や健康保険などをイメージされると思います。

保険金が比較的安く、保険期間の短いミニ保険というものがあります。

ミニ保険にはユニークな商品もあります。

そこでユニークな補償のあるミニ保険についてお伝えします。

本日もよろしくお願いします。

 

 

ミニ保険とは

 

ミニ保険とは少額短期保険の事を言い、

比較的新しいタイプの保険です。

名前の通り、保険金は少額で保険期間が短期の保険です。

保険金の上限は1000万円、保険期間は最長2年です。

 

 

 

ミニ保険には生命保険や医療保険もありますが、

他にも不妊治療保険、イベントチケット保険、婚礼参加者傷害保険など

さまざまなジャンルの商品があります。

 

 

 

ミニ保険のデメリットは、

ミニ保険会社が倒産した場合、契約者にはお金は戻ってこないことです。

一方、一般的な生保・損保会社が販売している保険は

保険会社が倒産した場合、契約者は保護されます。

 

 

 

ミニ保険のメリット

少額で保険に加入できること、保険範囲が広く

生保・損保会社が扱ってない分野の保険があることです。

 

 

 

不妊治療保険

 

不妊治療をサポートする医療保険として

アイアル少額短期保険会社の「子宝エール」があります。

不妊治療費の保障はしていませんが、不妊治療中に発生する

その他の病気での入院費用をカバーしてくれます。

 

 

 

加入条件は20~69歳までの方、過去1年以内に不妊治療を行っている方

不妊治療以外の健康に問題のない方です。

なお、保険期間は1年で解約の申し出がない限り自動更新です。

不妊治療終了後は医療保険として活用することもできます。

 

 

 

イベントチケット保険

 

体調不良や急用により参加できなくなった

コンサートなどのイベントチケットを補償する保険として

AWPチケットガード少額短期保険株式会社の

チケットガード」があります。

 

 

 

体調不良、ご家族の入院、交通機関の遅延、急な仕事などで

イベントに参加できなくなってもチケット代を無駄にしないように

備えることができます。

チケット代によって保険料は異なりますが、

チケット代が1万円の場合の保険料は870円です。

 

 

 

この保険に加入するには

チケットぴあでチケットを購入する必要があります。

保険の申し込み期限はチケット購入後120時間 (5日間)以内です。

交通機関の遅延でも補償してくれるのは大きなメリットです。

 

 

 

なお、AWPチケットガード少額短期保険株式会社では

航空会社Peachの航空チケット代金を補償する保険

旅行キャンセル費用補償保険もあります。

 

 

 

婚礼参加者傷害保険

 

結婚式の参加者のケガを補償する保険として

JMM少額短期保険会社の「婚礼参加者傷害保険」があります。

保険期間は結婚式当日の0時から24時までの

24時間です。

保険料は一人当たり100円です。

ただし、地震、噴火、津波によるケガは補償対象外です。

 

 

このように少額短期保険ではユニークな保険があります。

ネットでの申し込みがメインですので、

身近な保険ではないでしょうか。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください