金融機関が破綻した場合の保護制度

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

銀行などの金融機関が破綻した場合に

預金者や投資家などを保護するしくみ

セーフティネットがあります。

セーフティネットには金融システムが不安定に

なるのを抑える働きがあります。

貯蓄、投資をする際には

ぜひとも知っておくべきことです。

本日はセーフティネットについてお伝えします。

本日もよろしくお願いします。

 

銀行が破綻した場合のセーフティネット

 

銀行が破綻し、預金の払い戻しが

できなくなった場合に預金者を保護する制度として

預金保険制度があります。

 

 

 

預金保険の上限金額

1金融機関ごとで預金者1人当たり、

預金1000万円までとその利息です。

預金1000万円を超える部分については

金融機関の財産に応じて支払われます。

つまり、預金1000万円の

超過分の返金は保証されていません。

 

 

 

預金保険制度の対象となる金融商品

 

銀行での取扱い商品の一部

預金保険制度の対象となります。

預金保険制度の対象となる商品は、

普通預金、定期預金、積立て財形貯蓄、

確定拠出年金の積立金の預金、

元本保証のある金銭信託です。

 

 

 

銀行で販売されている投資信託や

外貨預金は預金保険制度の対象外です!!

 

 

 

確定拠出年金の積立てを

銀行の預金で行っている場合、

確定拠出年金の積立を行っている銀行に

個人の別口座もある場合は、

個人の預金も合算して預金保険制度の対象となります。

 

 

 

金銭信託とは、信託銀行などが

お金を管理・運用をしてくれる金融商品です。

金銭信託には預入金額が減らない元本保証と

運用状況によっては預入金を下回る可能性のある

元本保証なしがあります。

預金保険制度の対象となるのは、

元本保証のある金銭信託です。

 

 

 

一つの銀行で預金保険制度の対象となる

複数の商品を持っている場合は、

各資産の合計が預金保険制度の対象となります。

 

 

 

証券会社が破綻した場合のセーフティネット

 

万が一証券会社が破綻しても

証券会社を利用している投資家が

損害を受けないように保護されています。

一般的に投資家一人当たり1000万円まで補償されます。

ただし。破綻した証券会社の株を購入した場合は

株式の損失は保護されません。

 

 

 

証券会社は顧客から預かったお金や

証券と自身の財産と分けて管理する義務があります。

そのため、証券会社が破綻しても

預けた資産は返金してもらえます。

証券会社は投資者保護基金に加入しているので、

万が一破綻しても投資家を保護してくれます。

 

 

 

銀行で購入した投資信託は

銀行が破綻しても保護されません

しかし、証券会社で購入した投資信託は

証券会社が破綻すると保護の対象となります。

 

 

 

投資信託にはリスクも伴いますが、

金融機関の破綻というリスクをカバーするためにも

証券会社での投資信託購入をオススメします。

 

 

 

生命保険会社が破綻した場合のセーフティネット

 

生命保険会社が破綻した場合、

年齢を重ねたこと、健康状態の変化などにより

これまでと同じ条件で生命保険に加入することは難しいです。

そこで、生命保険会社が破綻しても

加入している保険契約を

継続できる仕組みがあります。

生命保険会社は生命保険契約者保護機構

加入しているため、このような保護を受けることができます。

 

 

 

生命保険会社が破綻し、引継ぎ会社が現れた場合

 

破綻した生命保険会社の保険契約を引き継ぐ会社

(救援保険会社)が現れた場合、

生命保険契約者保護機構は資金援助を行います。

結果、保険契約者は保険契約を継続できます。

 

 

 

生命保険会社が破綻し、引継ぎ会社が現れない場合

 

生命保険契約者保護機構の子会社として

設立される承継保険会社が保険を引き継ぎます。

承継保険会社が保険を引き継いだ場合、

保険契約者にはデメリットが生じます。

それは、予定利率が引き下げとなる可能性がある、

保険金額が減る可能性があることです。

 

 

 

このように預金、投資商品、保険には

契約者を保護する仕組みがあります。

特に注意が必要なのは、

銀行で購入する投資信託は保護の対象外

ということです。

 

 

 

万が一金融機関が破綻しても

少ない被害で済むように

資産を分散する必要があります。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください