NISA口座での配当金を非課税にする設定方法

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

NISA口座では投資信託の他に株も購入できます。

多くの企業では株式の所有者に

配当金を出します。

一般的には配当金には約20%の税金がかかります。

一方、NISA口座で購入した株の配当金には

税金がかかりません。

 

しかし、落とし穴があります。

本日はNISA口座での配当金を非課税にする注意事項

についてお伝えします。

よろしくお願いします。

 

 

 

配当金受け取り方法の設定

 

NISA口座での配当金を非課税で受け取るためには、

配当金の受け取り方法を株式数比例配分方式

する必要があります。

 

 

 

株式の配当金の受け取り方法は4つ

あります。

株式数比例配分方式、登録配当金受領方式、

個別銘柄指定方式、配当金受領証方式です。

 

 

 

株式数比例配分方式以外の受け取り方法では、

NISA口座であっても配当金に約20%課税されます。

 

 

 

株式数比例配分方式

配当金は証券会社の口座に振り込まれます。

NISA口座で保有している株の配当金は非課税です。

 

 

 

登録配当金受領方式

配当金は指定した銀行の預金口座に入金されます。

NISA口座で保有している株の配当金には

約20%の税金がかかります。

 

 

 

個別銘柄指定方式

株式銘柄ごとに「配当金振込指定書」を提出し、

銀行口座に配当金が振り込まれます。

銘柄ごとに異なる口座で配当金を受け取ることができます。

多くの企業の株式を保有している場合には、

手続きが増えるというデメリットがあります。

NISA口座で保有している株の配当金には

約20%の税金がかかります。

 

 

 

配当金受領証方式

配当金は指定した銀行で受け取ります。

株式の発行会社から送付される「配当金受領証」を

銀行に持って行かなければ配当金を受け取れません。

NISA口座で保有している株の配当金に

約20%の税金がかかります。

 

 

 

個別銘柄指定方式で

配当金を受け取った経験を踏まて、

この受け取り方法のメリットはあまりないので、

避けた方が無難です。

なぜなら、銀行までの移動時間、

銀行窓口での手続き等に時間と

労力がかかったからです。

 

                                   

 

 

受け取り法の変更

 

配当金の受け取り方法の変更は

証券会社のHP上でできます。

お客様情報を変更する箇所で対応できます。

 

 

 

NISA口座で株を購入しても

配当金の受け取りで税金がかかってしまっては、

NISA口座のメリットを活かせません。

株は未経験でも株式数比例配分方式

設定してソンにはなりません。

株を購入する際、配当金の受け取り方法を

確認する機会がないからです。

今後、株を購入する際に役立つかもしれません。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください