健康保険の任意継続の方が保険料負担が少ない理由

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

会社を退職し、

少しの間休んでから転職活動をされる方や

自営業をされる方もいます。

その際、健康保険の変更手続きが必要です。

これまで加入していた健康保険の任意継続をするか、

国民健康保険に加入するか、

ご家族が加入されている健康保険の扶養となるか。

扶養家族となる場合以外は、保険料の支払いが生じます。

保険料の負担額が少ないのは、

これまでの健康保険の任意継続です。

本日は、任意継続保険の加入メリットについてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

退職後の健康保険の選択肢

 

退職後は健康保険の手続きをしないと

健康保険未加入になります。

退職後の健康保険の選択肢として

次の3つがあります。

 

 

・これまで加入していた健康保険の任意継続

・国民健康保険に加入

・ご家族が加入されている健康保険の扶養となる

 

 

 

任意継続に加入できる期間は2年間で、

次の条件を満たす必要があります。

・前職で健康保険の加入期間が2か月以上あること

・健康保険の資格を喪失してから20日以内に申請

 

 

 

ご家族の健康保険の扶養に入ると

保険料の負担はありません。

しかし任意継続、国民健康保険に加入する場合は、

保険料を支払わなければいけません。

任意継続も国民健康保険も

保険料は全額自己負担です。

保険料を比較すると

国民健康保険の保険料の方が

高いケースが多いです。

 

 

 

任意継続保険が保険料負担が少ない理由

 

これまで加入していた健康保険の任意継続保険も

国民健康保険も所得に応じて、保険料が決まります。

任意継続の保険料は、

退職時の税込み報酬月額28万円の少ない方を基に

算出されます。

退職時の報酬月額が30万円ならば、

28万円の方が少ないので28万円を基に

保険料が算出されます。

 

 

 

逆に退職時の報酬月額が25万円ならば、

25万円の方が28万円より少ないので

25万円を基に保険料が算出されます。

このように健康保険の任意継続では、

保険料を算出する際所得の上限額28万円

設定されていることが大きな特徴です。

 

 

 

任意継続の場合の保険料は、

全額自己負担です。

会社員の間は、健康保険料の半額を

会社が負担しています。

任意継続の場合は全額自己負担なので、

会社員の時よりも保険料の負担額は

増えることに注意が必要です。

 

 

 

国民健康保険では所得上限額は

設定されていません。

所得が多いほど、保険料は高くなります。

2018年度より高所得者の国民健康保険料は

年間の支払い上限額をこれまでより4万円多い

77万円に引き上げられました。

一か月あたりの国民健康保険料は

約6万4000円と高額です。

 

 

 

 

 

 

 

健康保険の未加入には要注意

 

大丈夫と思っていても

急に歯や体調が悪くなることはあり得ます。

そんな時に健康保険に未加入だからという理由で

診察を受けないでいると症状が

悪化するかもしれません。

万が一のことに備えが必要です。

 

 

 

退職後、次の職場での勤務までに

期間が開いている場合は、

健康保険の加入を忘れないようにしましょう。

健康は大切な資産だと考えています。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください