自営業の方は知っておくべき国民年金の付加年金

 

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

国民年金には、年金受取額が増える

付加年金という仕組みがあります。

付加年金制度は知っておいて損はありません。

本日は国民年金の付加年金についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

国民年金の付加年金とは

 

国民年金の第1号被保険者が

毎月400円の付加保険料を払うと

受給年金額が増えます。

増加額は1年あたり

200円×付加保険料納付月数

です。

 

 

 

例えば付加保険料を40年間 (480か月)

納付すると受け取る年金は年額で、

200円 × 480か月 = 9万6000円増えます。

受け取り年金の増加は生涯続きます。

40年間支払った付加保険料は

400円 × 480か月 = 19万2000円です。

19万2000円は9万6000円の2倍です。

つまり付加年金を2年受け取れば、

支払額よりも受け取り額が多くなります。

 

 

 

付加年金の対象となる

国民年金の第1号被保険者は

どんな方でしょうか。

 

 

 

国民年金加入者の区分

 

国民年金は、日本に住所のある満20歳以上

60歳未満の人は加入が義務づけられています。

会社員や公務員は、厚生年金にも加入しています。

国民年金とは別に厚生年金も受け取ることができます。

国民年金の加入者は、

第1号、第2号、第3号に区分されます。

 

 

第1号被保険者

被保険者とは、必要な時に給付を

受けることができる人の事を言います。

つまり年金を受け取ることができる人です。

 

 

第1号被保険者は、第2号被保険者及び

第3号被保険者に該当しない自営業者や

学生などです。

 

 

 

第2号被保険者

厚生年金に加入している人が

第2号被保険者に該当します。

 

 

 

第3号被保険者

第2号被保険者の扶養配偶者が該当します。

会社員などの配偶者などです。

 

 

 

国民年金の付加年金加入対象者

 

国民年金の付加年金保険料を

納めることができるのは、

国民年金の第1号被保険者

60歳以上65歳未満の任意加入被保険者

です。

 

 

 

第2号被保険者、第3号被保険者は

付加年金制度を利用できません。

退職により第1号被保険者となった場合には

付加年金保険料を納めることができます。

60歳以上65歳未満の

任意加入被保険者とは

国民年金の任意加入者です。

 

 

 

国民年金は60歳まで

加入しなければいけません。

国民年金の加入期間が

480か月 (40年)に満たない場合は

60歳以上65歳未満の間、

国民年金に任意加入することで

加入期間を最長480か月まで延長できます。

480か月 国民年金に加入することで、

国民年金を満額 (平成30年度では

77万9300円) 受給できます。

 

 

 

付加年金はメリットが大きい

 

メリットは次の2つです。

2年間受給するとモトが取れる

受給額は定額

 

 

国民年金額は、

年金加入者の増減や受給者の平均余命などを

反映した年金の改定率を基に

毎年給付額は調整されます (マクロ経済スライド)。

ですが、付加年金は調整対象外なため、

定額支給されます。

 

 

 

国民年金の第1号被保険者になった際には

メリットの大きい付加保険料の納付を

検討する価値はあります。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください