証券口座の特定口座と一般口座の違い

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

株式優待では株式の保有者に

何かしらの優遇があります。

優待目当てで株式投資をする方もいます。

証券会社にはNISA口座の他に

特定口座、一般口座があります。

株を購入時にNISA口座を利用できない場合は、

特定口座の源泉徴収選択口座を利用してください。

本日は証券会社での一般口座と特定口座の違い

についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

証券会社の口座の種類

 

証券会社に開設できる口座は、

一般口座、特定口座、NISA口座

又は積み立てNISA口座があります。

NISA口座、積み立てNISA口座は

どちらか一方しか開設できません。

開設できる金融機関は1か所に限定されています。

そのため、NISA口座又は

積み立てNISA口座の開設には

別途手続きが必要です。

 

 

 

NISA口座又は積み立てNISA口座は

投資商品を購入する際の手数料は不要です。

通常では売却益や配当金には約20%の

税金がかかりますが、

NISA口座又は積み立てNISA口座では

配当金や売却益には税金はかかりません。

なお、積立てNISA口座では株式の購入はできません。

株式を購入する際にはNISA口座を活用しましょう。

なぜなら、非課税のメリットがあるからです。

NISA口座で購入できる投資商品は

1年あたり総額120万円までです。

 

 

 

特定口座と一般口座の違い

 

特定口座には源泉徴収選択口座と

源泉徴収なしの2つあります。

 

年間取引報告書の発行 確定申告の要否
特定口座 

源泉徴収選択口座

不要
特定口座 

源泉徴収なし

必要
一般口座 必要

 

 

年間取引報告書は、

証券会社の口座内での1年間の取引履歴を

記載したものです。

 

 

 

特定口座 源泉徴収選択口座

 

特定口座 源泉徴収選択口座では

配当金や売却益が入金される際に

約20%の税金が引かれます。

取引ごとに税金を支払っているので、

確定申告をして納税する必要はありません。

利用者は何もしなくていいので、

最も手軽に活用できる口座です。

 

 

 

特定口座 源泉徴収選択口座

 

年間の取引履歴を記載した年間取引報告書を

発行してもらえます。

配当金等から税金は引かれません。

税金を払う義務があるので、

確定申告をして税金を納める必要があります。

年間取引報告書には取引による損益金額が記載されています。

そのため、確定申告では年間取引報告書を使って申告できます。

 

 

 

万が一、株式等の売買で損失が生じた場合には

特定口座 源泉徴収なしでは、

利益と損失を通算できます。

損失を通算することで利益が目減りします。

利益が減ることで納める税金も少なくて済みます。

 

 

 

利益10万円と損失10万円の取引がある場合、

利益と損失を通算すると、

総合利益は0円です。

利益0円なので、税金はかかりません。

これが損益通算の仕組みです。

損益通算すると損失がある場合は、

税金を軽減できます。

 

 

 

特定口座 源泉徴収選択口座との違いは、

自分で確定申告が必要、

利益と損失の通算が可能なことです。

 

 

 

一般口座

 

一般口座では年間取引報告書を発行してくれません。

配当金から税金を引かれません。

そのため自分で取引の損益を計算し、

確定申告をする必要があります。

すべて自分で対応しなければいけません。

 

 

 

一般口座では利益と損失を通算できます。

損失通算により利益が目減りするので、

損失がある場合には納税額が少なくなります。

 

 

 

一般口座で売買を行っても

確定申告が不要なケースもあります。

それは会社員で年間の年収2000万円以下の給与で、

給与以外の所得が20万円以下の場合です。

つまり、年収2000万円以下の会社員では

売却益が20万円以下では一般口座の取引でも

確定申告は不要です。

 

 

一般口座を利用するメリットはないです。

誤って一般口座で投資商品を購入した場合には、

売却益を20万円以内に収めましょう。

なぜなら、確定申告の手間が省けるからです。

 

 

 

まとめ

 

証券口座で株等の売買する際、

NISA口座が使用できない場合は、

特定口座 源泉徴収選択口座を利用しましょう。

一般口座は極力利用しないでおきましょう。

誤って一般口座で投資商品を購入した場合には

売却益を20万円以内におさめて、

確定申告の手間を省きましょう。

 

 

投資商品の購入時の設定ミスを防ぐために

画面を指さし確認することをお勧めします。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください