40歳以降、支払いが生じる介護保険料

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

毎月給料から天引きされる健康保険料や

年金保険料の総額の多さに

びっくりされているかもしれません。

40歳になると介護保険料の支払いが発生します。

介護保険料の支払いは義務付けられています。

本日は介護保険料についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

40歳になると自動的に発生する介護保険料

介護保険制度は、高齢化に対応することを

目的に2000年4月に設けられました。

一部自己負担で介護サービスを

受けることができます。

原則として40歳以上の方は加入しなければいけません。

介護保険は市区町村が運営しており、

加入者は第1号被保険者

第2号被保険者に区分されます。

 

 

 

第1号被保険者は65歳以上の人が、

第2号被保険者は40歳以上65歳未満の方が

対象となります。

介護保険は市区町村が運営しているので、

保険料は市区町村や所得によって異なります。

もちろん介護施設も市区町村によって違います。

 

 

 

65歳以上の第1号被保険者の介護保険料

 

2015年度から2017年度での介護保険料の

全国平均は5514円です。

介護保険料は原則、年金から天引きされます。

介護サービスを全額自己負担する必要がないので、

万が一の備えになります。

 

 

 

第2号被保険者の介護保険料

 

収入に応じた介護保険料、健康保険料が

給料から天引きされます。

介護保険料も会社と会社員とで

半額ずつ負担します。

介護保険料は

賞与も含めた標準月額に保険料率を

掛けて求めます。

加入している健康保険組合や地域によって

保険料率は異なります。

 

 

 

協会けんぽの場合、

介護保険の保険料率は1.58%、

健康保険の保険料率は10%前後です。

介護保険料率は健康保険料率の

約1/5です。

そのため、介護保険料は健康保険料の

約1/5程になると予想できます。

 

 

 

ご家族の扶養に入っている方の介護保険料

 

40歳以上65歳未満の第2号被保険者の

扶養に入っている場合も40歳になると

介護保険料に加入しなければいけません。

この場合、原則として介護保険料の

自己負担はありません

ただし、65歳以上の第1号被保険者になると

介護保険料は発生します。

 

 

 

40歳を超えると

介護保険料の負担があるため、

貯蓄ペースが鈍るかもしれません。

老後資金準備に早めに取り組むことが

必要な時代になっていると実感します。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください