円高円安の判断基準

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

ニュース番組でその日の株価や

為替情報も報道されます。

その中で円安、円高という言葉が登場します。

円安円高はなんとなくわかるけど、

理解できているか自信がないという方には

お役に立てる内容です。

本日は円高円安についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

円安とは

円が米ドルなどの他の通貨に対する価値が

低い状態を円安と言います。

為替が1ドル100円の場合、

1ドルに交換するには100円必要です。

逆に100円を得るためには1ドル必要です。

為替が1ドル200円の場合、

1ドルに交換するには200円必要です。

逆に100円を得るためには0.5ドル必要です。

 

 

 

100円を得るのに必要なドルは、

1ドル100円の時は1ドルですが、

1ドル200円になると0.5ドルです。

1ドルに比べると0.5ドルは安いです。

円を安い価格で交換できるので、

1ドル200円は1ドル100円の時と

比べると円安と言えます。

 

 

 

1ドル100円は200円と比べると

安いので1ドル100円の方が円安だと

混乱しがちです。

実際は逆です。

円安 ⇒ 円の金額が高い方

と判断してください。

 

 

 

円安時は、金融市場に

円が沢山ある状態です。

つまり、円の人気がない状況と言えます。

物の場合、人気商品は価格が上がります。

なぜなら、値上げしても購入者はいるからです。

逆に人気のない商品は購入者が

少ないので価格が下がります。

同じような状況が円でも起きています。

円の人気がなくなると購入者は減り、

円を売却する人も増えます。

その結果、市場の円が溢れ円安になります。

 

 

 

円高とは

 

円が米ドルなどの他の通貨に対する価値が

高い状態を円高と言います。

先程の1ドル100円と1ドル200円の例では、

100円を得るのに必要なドルは、

1ドル100円の時は1ドルですが、

1ドル200円になると0.5ドルです。

1ドルは0.5ドルと比べると高いです。

円を交換するのに以前よりも多くのドルが必要になります。

そのため、1ドル100円は1ドル200円の時と

比べると円高と言えます。

円高 ⇒ 円の金額が引い方です。

 

 

 

円高の状態は金融市場で、

円に人気が集まっている状態です。

購入者が増えるのでより多くの外貨を

出せる人が円を購入できます。

 

 

 

外貨預金をする際には、

預金時よりも円安になったときに

外貨を円に交換すると利益を狙えます。

 

 

10万円分の外貨預金をする場合、

円⇒外貨にする際の為替が1ドル100円だと

10万円 ÷ 100円/ドル = 1000ドルになります。

1000ドル⇒円に交換する際の為替が1ドル200円だと

1000ドル × 200円/ドル = 20万円になります。

預入時は10万円でしたが、

円安になったおかげで、外貨を円に交換すると

2倍の金額になります。

 

 

 

円高、円安の基準

 

円高、円安の基準価格はありません。

過去と比べて円高か円安かを判断します。

現在のドル/円相場は111円程です。

2011年の秋ごろは1ドル76円でした。

2011年と比べると現在は円安です。

一方、1970年以前はドル/円の為替は固定で

1ドル360円でした。

1970年代と比べると現在の1ドル111円は円高です。

一般的には前日の為替と比較して

円高、円安を判断します。

 

 

 

海外旅行に行く場合は、

円高時が狙い目です。

普段よりも安い価格で観光できるからです。

製品等を輸出している企業にとっては、

円安になると多くの利益が見込めます。

その結果、日本企業の株価の値上がりに

繋がります。

 

 

 

為替は私達の生活に大きな

影響を与えています。

海外旅行前、為替に意識を

向けてはどうでしょうか。

                 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください