投資初心者は避けるべき株の信用取引とは

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

雑誌などで株主優待の特集を見かけます。

株主優待がきっかけで、株デビューされる方もいます。

信用取引という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

信用取引は危険なので株初心者の方は必ず

現物取引で購入してください。

なぜなら、現物取引での損失は購入株の価値が

ゼロとなるだけで済むからです。

本日は株式の信用取引の危険についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

株の取引方法

株の取引方法は現物取引信用取引

2通りあります。

現物取引は自己資金で行う取引です。

自分のお金で株を購入します。

一方、信用取引は証券会社から資金を借りて、

取引を行います。

 

 

 

現物取引では自分で用意した資金で

株を購入するので、

最大損失は株価がゼロになることです。

100万円で購入した株の価値が

上場廃止などによりゼロになってしまうと

100万円の損失です。

それ以上の損失はありません。

一方、信用取引では

現物取引よりも大きな損失を

生じる可能性があります。

 

 

 

信用取引の仕組み

 

信用取引は危険です。

株の売買は現物取引で行ってください。

自分の資金や保有している株を担保にして

証券会社から借りたお金で株を売買することを

信用取引と言います。

自己資金の最大3倍までの取引ができます。

自己資金が10万円の場合は、

最大で30万円分の株を購入できます。

 

 

 

証券会社から借りたお金で取引

 

証券会社から借りたお金で株式を購入するので、

信用買いと言います。

100万円の株を購入し、

120万円で売却すると20万円の利益です。

この利益20万円から手数料等を引いた額が

手元に残る利益です。

逆に100万円で購入した株を株価が下がったため、

80万円で売却すると20万円の損です。

 

 

 

証券会社には借りたお金100万円を

返金する必要があります。

株の売却により手元に80万円しかなくても

借りた額100万円の返金義務があります。

100万円 - 80万円 = 20万円を自己資金で

用意しなければいけません。

このように信用取引は

損失の下限がないため危険です。

 

 

 

証券会社から借りたお金は6ヵ月以内

返金しなければいけません。

そのため、株式購入時よりも株価が下がっていても

値上がりをゆっくりと待つことはできません。

そのため、損失を抱えた売買となる可能性もあります。

 

 

 

証券会社から借りた証券で取引

 

証券会社から借りた株式を

売却することで利益を狙うので、

信用売りと言います。

通常の株の売買では、

まず株式を購入し、その後売却します。

購入 ⇒ 売却の順です。

信用売りの場合は、売却購入の順で

取引を行います。

売却を先に行うのがポイントです。

 

 

 

証券会社から借りた100万円相当の株式を

まず売ります。

証券会社には借りた株を返却する義務があるので、

売却した株を購入する必要があります。

株の売買では安値で購入し、

高値で売却すると利益を狙えます。

信用売りの場合、

売却 ⇒ 購入の順で取引を行います。

売却後は、購入です。

売却時よりも安値で株式を購入すると

売却益が生じます。

なぜなら、安値で購入し

高値で売却するからです。

 

 

 

証券会社から借りた100万円相当の株式を

100万円で売却します。

すると手元に100万円が残ります。

株価が80万円になったときに購入すると

購入代金80万円を支払います。

証券会社には80万円で購入した株式を

返却します。

手元には100万円 - 80万円 = 20万円が

残ります。

この20万円は利益です。

 

 

 

信用売りは、株価が下落している

場合に利益を狙えるメリットがあります。

信用売りの場合も証券会社には

6ヵ月以内に株式を返却する必要があります。

そのため、売買タイミングにより

利益を確保できない可能性もあります。

 

 

 

信用取引は投資専門家の手法

 

信用取引は資産が減る可能性があるので、

投資のプロでない限り、活用は避けましょう。

投資初心者は少額の株を

現物取引する手法が最適です。

現物取引の場合は、

売却期限はありません。

私達のペースで株式を売買できます。

 

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください