投資信託の積立日は毎月1日は避けるべき

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

2018年10月27日より

楽天証券での投資信託の積立てを

楽天カードでクレジット決済できるようになります。

ですが、注意点があります。

それは投資信託の積立日です。

投資信託の積立をしている方にお役に立てる内容です。

本日は投資信託の積立日の設定についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

楽天証券での楽天カードによる投資信託購入

 

楽天証券で積み立てをする投資信託を選択し、

引き落とし口座選択の際に楽天クレジットカード決済

選択します。

このクレジット決済にすると

投資信託の購入時は毎月1日になります。

それ以外の日は選択できません。

投資信託の積立金は

積立月の27日に引き落とされます。

 

 

 

毎月の積立金額の上限は5万円

最小積立金額は100円です。

 

 

 

投資信託の購入でポイント付与

 

投資信託をクレジット決済すると

積立額100円につき1ポイント付与されます。

1ポイントを1円に換算し、

ポイントで投資信託の積立ができます。

 

 

 

すでに楽天証券で投資信託の積立をしている場合は、

クレジットカード決済への変更が必要となります。

設定方法は2018年9月下旬に発表予定だそうです。

 

 

 

注意点

投資信託の積立でポイントが

付与されるのはメリットです。

しかし注意点があります。

それは投資信託の積み立て日が

毎月1日となっていることです。

 

 

 

先日の日経新聞の記事によると

投資信託の積立日を毎月1日と

設定している方が他の日と比べて最も多いそうです。

問題なのは

株式市場では2018年2月以前の

過去20か月連続で

各月の第1営業日の日経平均株価

が前営業日よりも高いことです。

投資信託の基準価額は、

保有資産額 ÷ 発行済口数です。

 

 

口数が変わらなければ、

保有資産額が増えると

基準価額も上がります。

各月の第1営業日の日経平均株価

が前営業日よりも高いということは、

株式を保有している投資信託の

資産額は月初では増えます。

投資信託の資産額が増えると

基準価額が上がります。

 

 

 

基準価額が上がると

毎月の投資信託の購入量が減ります。

なぜなら、購入単価が上がるからです。

つまり投資信託を比較的高値で

購入していることになります。

投資信託の保有量が少ないと

換金額も少なくなります。

 

 

 

まとめ

 

楽天証券での投資信託積立を

クレジット決算する場合には、

投資信託を高値で購入してしまう可能性もあります。

どうしてもポイントを優先したい方や

債券など株以外を対象としている投資信託の

積立をする場合には楽天証券のクレジット決済は

向いていると思われます。

ポイントにとらわれずに総合的な判断が必要です。

 

 

 

楽天証券以外の証券会社を利用されている方で

投資信託の積立日を1日に設定している方は

積み立て日を月の中旬頃に変更してはどうでしょうか。

ネット上で簡単に積立日を変更できます。

投資信託を高値で購入するリスク軽減につながります。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください