リターンを見込める投資型クラウドファンディングとは

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

資産運用の新しい形として

投資型クラウドファンディングがあります。

不特定多数の人から資金調達する方法です。

投資型なので元本保証はないですが、

リターンを見込めます。

本日は投資型クラウドファンディングについてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

投資型クラウドファンディング

事業を行うために資金が必要な企業が

クラウドファンディングにより出資者を募ります。

投資なので投資家は分配金などの

リターンを期待できます。

ただしリターンは保証されていません。

個別企業の株式よりも

比較的少額で投資できます。

1万円から投資できるものもあります。

 

 

 

事業展開を考えている方は、

クラウドファンディングを活用し

資金調達ができます。

 

 

 

取扱い機関

 

銀行や証券会社を申し込みできます。

なお、銀行の場合は専用口座の開設が

必要な場合もあります。

 

 

ソニー銀行

1口5万円から投資できます。

1.08~1.20倍の目標リターンを期待できます。

 

 

 

SBIソーシャルレンディング

1万円から投資できます。

予定年利 3.2~10.0%です。

投資なので年利は保証されていません。

 

 

 

SAMURAI証券

1万円から投資できます。

予定年利 5~10.0%です。

運用期間6ヵ月~

 

 

 

メリット、デメリット

 

メリットは、

少額で投資できる

ユニークな分野に投資できる

リターンを狙える

などです。

 

 

 

デメリットは、

元本の保証がない

専用口座開設が必要

などです。

 

 

 

プロバスケットボールチームや

オークション形式の車買取りサービスなど

面白い事業に投資できるのも魅力です。

投資した事業の成長を見守ることもできます。

 

 

 

事業資金が必要な場合は、

クラウドファンディングでの資金調達も

検討してください。

銀行での貸し出し金利よりも金利負担は

軽いかもしれません。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください