誕生日直前に保険加入する方は年払いを選択すべき

 

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

民間の医療保険は年齢が上がると

保険料も上がります。

誕生日前の保険料が安いうちに

保険の加入を検討されるかと思います。

誕生日前に保険加入をする場合には、

年払いを選択してください。

月払いにすると保険料が上がる可能性があります。

本日は誕生日前に保険加入する際の支払い方法の注意点

についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

月払いの契約日

保険料を月払いした場合、

保険契約の締結日に関わらず

一般的に翌月1日が契約日となります。

例えば、10月11日に月払いの保険契約をすると

契約日は翌月11月の1日となります。

一般的に契約日の年齢に応じて保険料が決まります。

 

 

 

 

誕生日の直前に保険に加入すると

月払いでは誕生日後の年齢で

保険料が算出されることがあります。

 

 

例えば10月20日が誕生日で、

10月10日に保険契約をした場合、

契約日は11月1日になります。

11月1日は誕生日を過ぎているので、

誕生日前に保険契約を締結しても

保険料は誕生日後の年齢に応じた額になります。

 

 

 

誕生日前の保険加入では年払いを選択

 

誕生日の1ヵ月以上前に保険に加入する場合は、

年払いを選択しても安い保険料が適用されます。

しかし、誕生日の直前に保険に加入する場合は、

年払いを選択しましょう。

 

 

 

年払いの場合は一度に12か月分の

保険料を支払うので負担が大きいです。

しかし、年払いにすると年間の保険料が

3%程安くなる商品もあります。

保険料を節約できるので年払いは

お勧めです。

 

 

 

責任開始日

 

保険の保障が始まる日を責任開始日と言います。

保険会社にとっては

保険金の支払い責任の生じる日です。

責任開始日は申込書及び告知書の提出、

第1回の保険料の振込が全て完了した日です。

 

 

 

がん保険や医療保険のがん特約では、

申込書及び告知書の提出、

第1回の保険料の振込完了し、

90日間を経て責任開始日となります。

90日の間にがんと診断されても

保険金は支給されません。

がんを対象とする保険には

前もって加入する必要があります。

 

 

 

誕生日を過ぎると保険料が上がるので

焦ってしまいますが、

慌てて加入して損をしては

もったいないです。

前もって保険を考える機会を

設けてはどうでしょうか。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

明日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください