チューブ状容器に入った化粧品などを最後まで使い切る簡単な方法

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

歯磨き粉などチューブ状の容器に入ったものを

最後まで使い切るのは難しいと感じていませんか?

力いっぱいチューブを押し出しても

使えるほどは残ってないなど・・・

本日は、チューブ状の容器に入ったものを

最後まで使い切るテクニックについてお伝えします。

最後まで使い切ると節約につながります。

宜しくお願いします。

 

 

 

チューブ状の容器に入ったものを使い切るコツ

特に歯磨き粉は残量が少なくなると

チューブを力いっぱい押し出して使っていませんか。

残量がごくわずかになるといくら力を加えても

歯磨き粉は出てきてくれません。

 

 

 

チューブ状の容器に入ったものを

最後まで使い切るコツがあります。

力はいりません。

 

 

Step1 容器内に空気を入れ、膨らます

 

中身がほとんどない歯磨き粉のチューブに

空気を入れます。

容器の蓋を開けた状態で、

容器の横などを押すと空気が入ります。

 

 

 

Step2 容器の端を持ち、手を振る

 

容器の端 (下図の赤印の箇所)を

持ち、容器を振ります。

 

 

すると、容器の入り口近くに

容器内の歯磨き粉が集まります。

これを繰り返すと、チューブ容器を

半分に切らなくても中身を使い切ることができます。

 

 

 

歯磨き粉以外でも適用可

 

チューブ状の容器に入っているものでしたら、

上記テクニックは使えます。

顔用の日焼け止めも上記手法により、

最後まで使い切っています。

 

 

 

特に化粧品はチューブ状の容器に

入っているものが多いので、

化粧品代の節約につながります。

 

 

 

節約効果

 

歯磨き粉の場合、上記手法を

活用すると2週間は使い続けることができました。

また、顔用の日焼け止めの場合は、

1週間ほど使い続けることができました。

 

 

 

顔用の日焼け止めは3か月で1本

使用しているので、1週間余分に使用すると

約8%の節約です。

( 1週間÷12週間 (3か月) )

 

 

 

クレンジング材や洗顔料、クリームなど

チューブ状の容器に入った化粧品は多々あります。

化粧品は、値引き販売されることがないので、

最後まで使い切ると大きな節約効果が

期待できます。

 

 

 

容器を振るだけでできる節約術、

取り入れてはどうでしょうか。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください