洗濯ネットを活用して洋服代を節約する方法

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 FPの堀内です。

 

 

 

最近は朝晩冷え込むようになり、

秋の訪れを実感します。

季節が変わると新しい服を購入されるかもしれません。

服飾費も買い方を工夫すれば節約できます。

本日はお金をかける箇所を変えるだけで

できる服飾費の節約についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

流行のデザインの服にはお金をかけない

今年2018年の秋冬のファッションだと

チェック柄のスカート、ひざ下丈のスカートが

流行っているようです。

今年流行っている服を1万円以上で購入しても

来年も着れるとは限りません。

せっかく高いお金をかけて購入しても

ワンシーズンしか活用できないともったいないです。

 

 

 

そこで、その年流行しているデザインの服、靴は、

GU等の比較的安い価格帯で販売されているお店で

購入しましょう。

ワンシーズンしか出番がなくても価格が安いと

納得できます。

 

 

 

服の場合は、流行遅れで出番がなくなっても

部屋着として活用できますが、

靴の場合は出番がなくなると

着用する機会はありません。

靴を購入する際には来年も

履けるのかよく吟味してください。

 

 

 

 

流行に左右されないデザインの服、靴は

お金をかけても複数年着用できるので、

無駄遣いにはなりません。

これからの季節、必要になるコートは

単価が高いので、来年も出番のあるデザインのものを

選んではどうでしょうか。

 

 

 

購入した服を大切に扱う

 

服を大切に扱うと長持ちします。

長持ちすると追加で服を購入する必要はなくなり、

節約につながります。

大切に扱うとは、ニットや生地の薄い服は

洗濯ネットに入れ、服は裏返しにして洗濯する、

コートはハンガーにかけるなど

特別なことではありません。

 

 

洗濯をすると服同士がこすれあい、

摩擦により汚れが落ちます。

服同士がこすれあうと生地は傷みます。

洗濯ネットに入れることで生地を保護できます。

また洋服を裏返しにすることで

生地がこすれあうことでできる

毛玉のようなものを防ぐことができます。

 

 

 

安く購入した服であっても

部屋着としての活用の機会もあるので、

長持ちしてくれると役立ちます。

わざわざ部屋着を購入する必要もないので、

節約にもつながります。

 

 

 

安い価格で販売されている服でも

洗濯ネットの活用など丁寧に扱うと

数年は使えます。

 

 

 

様々なサイズの洗濯ネットは

百均で販売されています。

たった100円で洋服代の節約につながるので、

洗濯の際は洗濯ネットを活用し、

洋服を裏返してはどうでしょうか。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください