がん保険の仕組みを理解して必要性を判断

 

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家

FPの堀内です。

 

 

 

日本人の死因の上位を占めるがんに

備える保険としてがん保険があります。

がん保険への加入は迷われるかもしれません。

がん保険は保険料が比較的高いので、

保険料の負担軽減のため加入に踏み切れない

かもしれません。

まさに私がそうです。

がん保険は医療保険と仕組みが

少し異なります。

本日はがん保険についてお伝えします。

がん保険の要否を判断するお役に立てれば幸いです。

宜しくお願いします。

 

 

 

がん保険とは

 

保障対象をがんに特化した保険です。

医療保険にがん特約を付けることで

がんに備えることもできます。

特約を付けると保険料は上がります。

 

 

 

医療保険でもがんで手術や入院をすると

給付金を受け取ることができます。

がん保険に未加入でも医療保険で

補償を受けることができるので、

安心してください。

がんと診断された際に支払われる

診断一時金の特約がある医療保険もあります。

がん保険に加入すると通院給付金など

保障が厚くなります。

 

 

 

がん保険には次に示す給付金があります。

診断一時金、入院給付金、通院治療給付金、

手術など治療を受けると支給される給付金。

 

 

 

診断一時金

 

がんと診断されると支給されるお金です。

支給額の相場は50万円~100万円です。

300万円や600万円と設定できる保険もあります。

 

 

 

入院給付金、通院治療給付金

 

入院または通院すると一日当たり、

設定額が支給されます。

相場は日額5000円~1万円です。

日額3万円や6万円と高額設定できる

商品もあります。

 

 

 

入院給付金、通院給付金の設定がない

がん保険もあります。

医療保険に加入されている場合、

入院給付金、通院給付金のない

がん保険でも十分です。

なぜなら医療保険から入院給付金、

場合によっては通院給付金が支給されるからです。

 

 

 

手術など治療を受けると支給される給付金

 

がんの治療法は手術、薬物療法、

放射線療法の3つあります。

治療を受けると給付金を受け取れます。

なお、治療内容によって給付金額は異なります。

 

 

 

がんの治療費

 

がん政策情報センターによる「がん患者意識調査 2010年

によるとがんの治療、後遺症軽減のために支払った年間

自己負担費用の平均は115万円、最高額は2000万円です。

結果表を下に示します。

なお、一定額以上になると医療費が払い戻される

高額療養費制度を活用した場合には、

実際の負担額が反映されています。

 

 

図1 がんの治療、後遺症軽減のために支払った年間

費用

 

 

 

治療費の平均が115万円なので、

診断一時金は50万円~100万円で

十分ではないかと考えられます。

設定額を増やすとその分、

保険料は高くなるので負担が増えます。

 

 

 

貯蓄がある場合は、

診断一時金額を50万円に設定して、

保険料負担額を軽減することもできます。

保険料が安くなった分を貯蓄すると

万が一の備えにもなります。

がんにならなければ別の目的で使えます。

 

 

 

がん保険の特徴

 

がん保険の大きな特徴として、

保険加入後90日の不担保期間があります。

この90日間にがんと診断されても

給付金は支払われません。

 

 

 

また入院給付金の支払い日数に制限がありません

医療保険では1入院当たりの

入金給付金を支払う上限日数として

60日または120日と設定されています。

それ以上入院した場合は、入院給付金は支給されません。

 

 

 

一方、がん保険では何日入院しても

入院給付金が支給されます。

 

 

 

がん保険の要否

 

保険は万が一の時の備えなので、

加入しなければいけないものではありません。

保険に加入する場合には、

保険料を抑えることで負担なく継続することが

大切です。

 

 

 

保険に加入する際には、保険料の払込期間が

60歳満了、665歳満了、終身払いと選択できます。

終身払いだと毎月の保険料は安くなりますが、

定年後も保険料を払い続けることができるのか

考えて判断する必要があります。

 

 

 

国立がん研究センターによると

がんの罹患率は40代、50代以降増えていきます。

 

図2 年齢層別のがん罹患確率

 

 

 

40代、50代になる前にがん保険を検討

するのも一つの手段です。

ただし、年齢が上がると保険料は

増えるというデメリットはあります。

 

 

 

医療保険に加入されている場合は、

ご加入の医療保険がどの程度、

がんへの保障があるのか確認してはどうでしょうか。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください