保険の見直しは大きなライフイベントを迎えた時だけ行う理由

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家

 FPの堀内です。

 

 

 

「保険の見直し」という言葉を

一度は聞かれたことがあると思います。

どんなタイミングで保険を見直せばいいのでしょうか?

 

 

それは大きなライフイベントを迎えたときです。

大きなライフイベントとは、

結婚、住宅購入、お子様が生まれたときなどです。

大きなライフイベントがない状態では、

保険の見直しは必要ないと考えています。

本日は保険の見直しについてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

保険を見直す理由

特に死亡保険の保障に過不足が

ある場合は保険に見直しが必要です。

多すぎず少なすぎず、適切な保障額が

望ましいです。

 

 

 

死亡保障額が少ないと

死亡保険の対象者が亡くなった場合に

残された家族の生活費等を十分確保できません。

また、お子様が生まれた後も

従前と同じ保障額の保険に加入していると

保障は不足します。

 

 

 

逆に死亡保障額が多いと

必要以上の保険料を

負担することになります。

お子様が独立された後も

従前と同じ保障額の保険に加入していると

保障は過大になります。

 

 

 

保険の見直しタイミング

 

医療保険の見直しは

必要ないと考えています。

なぜなら、医療保険を解約して

別の医療保険に加入すると年齢が上がった分

保険料が上がるからです。

また医療保険は保険者が亡くなっても

保険金は支給されないので、

保障の過不足は生じないからです。

 

 

 

見直しの対象となる保険は

保険者が亡くなると保険金が支給される

死亡保険です。

 

 

 

保険の見直しタイミングは、

結婚、住宅購入、お子様が生まれたときなど

大きなライフイベントを迎えたときです。

 

 

 

結婚したとき

 

結婚すると独身時代に加入した保険で

お互いを保障できるのか

見直しするといいでしょう。

 

 

 

住宅を購入したとき

 

住宅を購入すると住宅ローンを

組まれると思います。

住宅ローンを組む際には、多くの方が

団体信用生命保険に加入します。

 

 

団体信用生命保険は

保険対象者が亡くなると

住宅ローンの未払い額が

銀行に支給されます。

死亡保険の一種です。

 

 

団体信用生命保険は

ローンを組んでいる方が、

亡くなると住宅ローンを完済していなくても

残された家族はローンを支払う必要はありません。

 

 

 

住宅ローンを払っている間は、

団体信用生命保険に加入するので、

死亡保障額を低く設定して

保険料の負担を軽減できます。

浮いた保険料を貯蓄すると

将来への備えになります。

 

 

 

お子様が生まれたとき

 

お子様が生まれると養育費、教育費の

負担が生じます。

保険対象者が亡くなった場合に

養育費等も保障するために死亡保障額を

増やすと十分な保障となります。

 

 

 

保険は万が一の時の備えです。

そのため保険加入や保険の見直しは、

必ずこうしましょうという決まりはありません。

大きなライフイベントを迎えて、

保険の見直しをしてもしなくてもどちらでも構いません。

 

 

 

ただし言われるままに加入、解約するのは

避けていただきたいです。

納得したうえで判断してください。

 

 

 

私の場合ですが、

医療保険にしか加入していないので

保険の見直しをしたことはないです。

ですが、問題なく過ごしています。

ご参考まで

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください