クレジットカード裏面のサインの有無で不正利用での補償が異なる

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 

FPの堀内です。

 

 

 

クレジットカードの不正利用額が

過去最高との報道がありました。

ネットでカード決済をする際に番号を盗み取られる

ケースが増えているようです。

クレジットカードの不正利用では、

カード会社が損害を補償してくれる場合もあります。

本日はクレジットカードの不正利用の補償

についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

クレジットカードの裏面にはサインを書く

クレジットカードの裏面にサインがない場合は、

カードが不正に利用されても

補償されません

 

 

 

カードの裏面にサインがないと

加盟店でカードを利用できない場合もあります。

サインの有無による影響は大きいので、

クレジットカードの裏面には必ず

サインを書きましょう。

 

 

 

その他本人の過失と判定されるケース

 

クレジットカードの暗証番号を記載したメモを

カードと一緒に保管している、

または暗証番号が生年月日など

簡単に知りえる番号を設定していた場合は

本人に過失があると判定されます。

 

 

 

本人に過失がある場合は、

不正利用額は補償されません。

他人から推測されにくい暗証番号に

しましょう。

 

 

 

万が一不正利用されたら

 

紛失、盗難、不正利用があった場合は

クレジットカードに連絡をした日から

前後60日間の被害はカード会社が

補償してくれます。

クレジットカードには盗難保険が

付帯しているからです。

 

 

 

年会費無料のクレジットカードの場合

盗難保険が付帯していない場合もあります。

お持ちのカードの付帯保険をご確認くださいませ。

 

 

 

カードの不正利用への対策

 

クレジットカードの明細には

必ず目を通しましょう。

身に覚えのない請求が来た場合は

すぐにカード会社に連絡しましょう。

 

 

 

ネット上でカード決済をする場合には

そのサイトがSSL化されているか確認しましょう。

サイトアドレスがhttps

のようにhttpの後ろに小文字のsがついていれば、

SSL化されています。

また画面上部に表示されている

サイトアドレスの左側に鍵マークが

あればSSL化されています。

 

 

ネットでの買い物は便利ですが、

その裏に潜んでいる危険を防ぎましょう。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください