資産運用での失敗から学ぶことがあれば十分な収穫

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 

FPの堀内です。

 

 

 

資産運用、特に株式投資では

購入後に株価が下落ということも起こりえます。

買値よりも安い価格で売却すると

資産は減ります。

この経験から何か教訓を得れば、

次回に活かせます。

毎回勝ち続ける投資家はいません。

本日は資産運用での失敗は勉強代になること

についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

投資の失敗から学ぶことは十分な収穫

 

投資で損失を抱える等の

失敗をした場合、

失敗の原因や何かダメだったかを

振り返ることは勉強になります。

なぜなら実務経験をしないと

得られないからです。

 

 

 

筆者も株式投資での失敗経験があります。

失敗の原因を振り返ると

同じ行動は繰り返さないようになりました。

 

 

 

個人的な失敗原因を挙げると

雑誌など第三者がお勧めと紹介していた

銘柄をよく調べずに購入、

購入候補の銘柄が注目されるようになり購入、

投資信託の一括購入などです。

 

 

 

振り返ると当然の結果と思えますが、

失敗を経験しないと同じ事を繰り返していたかも

しれません。

特に雑誌で取り上げられている銘柄は、

他の投資家も狙って購入するので、

株価が高い状態で購入することになりかねません。

 

 

 

株価が高くなると値上がり前に購入した人が

売却するので、株価は値下がりします。

結果、株価を高値で購入して損失を

抱えた状態になるかもしれません。

 

 

 

雑誌等で取り挙げられている銘柄の

購入は慎重に判断してください。

そして、投資信託は積立で購入しましょう。

 

 

 

資産運用は時間を味方につける

 

株価は日々変動します。

リーマンショック時には日経平均株価は

8000円代まで落ち込みました。

それから約10年経過した現在の日経平均株価は

2万2000円程まで回復しています。

 

 

 

リーマンショック前に購入した株を

株価下落時に売却すると損失を生じます。

一方、その後10年間保有していると

株価は買値以上になり、

利益を生じているかもしれません。

 

 

 

このように時間を味方につけると

利益を生み出す可能性が高くなります。

株式を保有中、業績次第では配当金も

支給されます。

 

 

 

使う予定のない余裕資金

投資資金にすることは必須です。

使う予定のないお金なので、

株価が変動しても腰を据えて

長期間保有できます。

 

 

 

株式投資をするとニュースが面白くなる

 

株価変動に大きな影響を及ぼしているのが、

アメリカの株価です。

日本の株価はアメリカの株価と

ほぼ連動した動きを取ります。

 

 

 

アメリカの株価が下落した翌日には

日本の株価も下落します。

トランプ大統領がどんな発言、

政策をとったか、それによりアメリカの

株価はどう変動したかに

注目するとニュース番組が面白くなります。

 

 

 

恥ずかしながら以前は、

報道番組には縁のなかった筆者です。

社会人なのに政治経済の事を理解できてないと

思っていましたが、報道番組を見ることで

少しは大人になったと思えるようになりました。

 

 

 

資産運用はリスクを伴います。

安全性を最優先の方にはお勧めしません。

リターンを狙うには資産運用という手段が

あることを頭の片隅に入れていただければ

幸いです。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください