源泉徴収票の見方

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 

FPの堀内です。

 

 

 

11月頃になると会社に

年末調整用紙を提出しなければいけません。

12月には源泉徴収票を受け取ります。

源泉徴収票を確認されたことはありますでしょうか。

本日は源泉徴収票についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

源泉徴収制度とは

 

会社員は会社からお給料を

受け取る際に所得税が差し引かれています。

差し引かれた所得税は私達納税者の

替わりに会社が取りまとめて支払うことを

源泉徴収制度と言います。

源泉徴収票は会社が支払った給与額と

源泉徴収税額 (所得税額)を記載した用紙です。

 

 

 

所得から定額を差し引いた額で

所得税を算出します。

これを所得控除と言います。

 

 

 

所得控除には基礎控除、

配偶者控除、扶養控除、

社会保険料控除、生命保険料控除

地震保険料控除があります。

 

 

 

基礎控除は全ての人が対象で

38万円を所得から差し引きます。

社会保険料控除は給料から引かれている

社会保険料を所得から差し引きます。

生命保険料控除は支払った保険料額に

応じた額を所得から差し引きます。

 

 

 

 

毎月、お給料から引かれている

所得税は本来、適用されるべき所得控除を

考慮せずに算出されてます。

そこで、1年間に支払った所得税と

所得控除を踏まえて算出した所得税額に

差異があれば税金の還付や

徴収が行われます。

 

 

 

年末調整で戻ってくるお金は、

どこからかもらったお金ではなく、

私達が毎月多く支払っていた所得税です。

つまり、給料の一部が戻ってきます。

 

 

 

源泉徴収票の見方

 

 

上の①は支払金額で、

その年の1月1日から12月31日までに

支給された給与、賞与の総額です。

交通費は含まれません。

 

 

 

②は給与所得控除の金額です。

①の額に応じた給与所得控除額を

差し引いた後の金額です。

この額は給与所得額です。

 

 

③は所得控除の額で、

基礎控除や生命保険料控除等の

総額です。

控除の詳細は⑤~⑧の欄に記載されています。

 

 

 

住宅ローンを組まれている方は

⑨に住宅ローン控除額が

記載されます。

 

 

④の源泉徴収税額は

(②給与所得控除後の金額-③所得控除の合計額)に

所得税率を掛けた値です。

所得控除を踏まえて算出した

所得税額です。

 

 

 

源泉徴収票は医療費控除や

初めて住宅ローン控除を受ける際の

確定申告で必要となります。

紛失しないように大切に保管しましょう。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください