病歴、持病があっても保険料の安い保険に加入するには

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 

FPの堀内です。

 

 

 

病歴、持病がある方は、

医療保険に加入できないと

諦めていませんか?

そんな方にはお役にたてる内容です。

病歴や持病があっても医療保険には加入できます。

筆者も経験しました。

本日は病歴、持病を抱えての医療保険加入

についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

条件付きで通常の医療保険に加入

通常の医療保険では加入時に

過去の病歴等の告知が必要です。

告知内容を元に保険会社が

加入の可否を判断します。

 

 

 

保険会社によっては

加入後数年間、過去と同じ疾患は

保障対象外としています。

筆者の場合、

指定部位は5年間補償対象外でした。

 

 

 

病歴があっても通常の医療保険に

加入できる場合があります。

通常の医療保険以外に

引受緩和型無選択型の保険もあります。

 

 

引受緩和型保険

 

保険加入時に特定の項目について

告知が必要で、通常の医療保険よりも

加入しやすいです。

しかし、保険料は通常の医療保険よりも

1.5倍~2倍ほど高いです。

 

 

 

一般的に保険の責任開始日から

1年以内の入金給付金は50%等に

減額されます。

過去に起こった病気が再発しても

保障を受けることができます。

 

 

 

通常の医療保険では

保険料の支払いを60歳まで、

65歳まで又は終身と選択できます。

引受緩和型では保険料の支払い期間は

終身しか選択できない商品もあります。

 

 

 

無選択型保険

 

無選択型保険では、

保険加入時に告知は求められません。

引受緩和型よりも加入しやすいです。

 

 

 

無選択型保険では一般的に

責任開始日から90日以内に発病した

病気は保障対象外です。

過去に起こった病気が再発しても

保障を受けることができません。

 

 

 

無選択型の保険料は割高で、

商品数は少ないです。

 

 

 

持病や病歴があっても加入できる保険はあります。

出来れば健康な時に加入できれば

選択肢は広がります。

 

 

 

通常の医療保険で審査を受ける

 

病歴や持病があっても通常の医療保険の

加入審査を受けましょう。

なぜなら通常の医療保険の方が、

保険料の負担も軽いからです。

道は閉ざされていないので、

挑戦しましょう。

 

 

 

通常の医療保険で加入できない場合には

引受型の医療保険を検討しましょう。

 

 

 

筆者は病気になったときに

医療保険に加入してないことを

後悔しました。

健康な時に医療保険を検討することを

お勧めします。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください