支出額の把握はお金管理の第一歩

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 

FPの堀内です。

 

 

 

2019年10月に消費税が10%に

なります。

正式決定ではありませんが、

キャッシュレス決済をすると5%のポイントを

付与するという案が出ています。

この案が採択されるのかはわかりませんが、

キャッシュレス決済では

お金をついつい使いすぎてしまうかもしれません。

お金を払っている感覚が薄れるからです。

本日はキャッシュレス決済での支出の管理

についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

決済方法をまとめる

キャッシュレス決済にはクレジットカード、

電子マネー、QRコードなどがあります。

コンビニでは電子マネー決済が便利ですが、

1万円など一定額以上の買い物では

クレジットカードの方が使いやすいです。

 

 

 

決済手段が増えると各手段毎に

支出額を把握する必要があります。

正直、面倒です。

 

 

 

お金の管理をしやすくするために

決済方法は多くても2つまでにまとめましょう。

出来れば1つにまとめた方が管理はしやすいです。

ですが通勤時間帯のコンビニでは電子マネーは

決済が早くて便利です。

そのため、2つまでとしました

 

 

 

電子マネーは

コンビニや自動販売機でのみ使用する、

クレジットカードはその他の決済で使用する等の

ルールを決めましょう。

 

 

 

支出額を手帳に記入する

 

クレジットカードでの決済額は、

代金の引き落とし予定月のページに

記載しましょう。

各月の引き落とし額が把握できます。

 

 

 

電子マネーは現金チャージまたは、

クレジットカードでのチャージなので、

チャージ額だけを把握できれば十分です。

ジュースをいつ、いくらで購入したかは、

メモする必要はないです。

 

 

 

支出額の把握を継続して取り組めるように

面倒な作業は省きましょう。

レシートを1か月分貯めて

まとめて支出額を確認するのも

一つの方法です。

 

 

 

お金の管理の第一歩は

支出額の把握です。

お金の管理に苦手意識があっても

できるようになります。

支出額を把握できるようになれば、

次のステップへ進みましょう。

 

 

 

 

お金と賢く付き合う方法を

身につけませんか。

一生使えるスキルです。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください