マイナンバー提供の猶予期間が2018年で終了

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 

FPの堀内です。

 

 

 

証券会社で取引を行うにあたり、

マイナンバーを通知する必要があります。

通知期限は2018年末までです。

2015年12月31日以前に証券会社に口座を開設し、

マイナンバーをまだ通知していない方は、

今年中に証券会社に通知しましょう。

本日は証券会社へのマイナンバーの届け出

についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

マイナンバー提供の猶予期間が2018年で終了

2016年1月1日以降は、

証券会社の口座開設時にマイナンバーの

提供が必要となりました。

それ以前に証券会社の口座を開設した方は

自主的にマイナンバーを証券会社に通知しなければいけません。

金融機関がマイナンバーを把握することで、

脱税を防ぐことが狙いです。

 

 

 

2018年末まではマイナンバーを届け出ていなくても

投資商品の購入は出来ました。

通知の猶予期限は2018年末までです。

つまり、2018年末まではマイナンバーを

届け出てなくても金融商品を購入できますが、

猶予期間が終了する来年以降は

マイナンバーの届け出がないと投資商品を購入できません。

また、売却益や株式の配当金の受け取りが

できない可能性もあります。

 

 

 

もらえるはずの配当金を受け取れないのは

もったいないです。

2015年12月31日以前に証券会社に口座を開設し、

マイナンバーをまだ通知していない方は、

出来れば今年中、遅くても来年、株式を売却する時または

配当金の受取時までには証券会社に届け出ましょう。

マイナンバーを未提供であっても証券会社から

連絡が来るとは限りません。

私達自身で管理する必要があります。

 

 

 

該当する方は、今年中にはマイナンバーを

証券会社に通知しましょう。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください