化粧品の定期購入は使い方次第では損

 

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 

FPの堀内です。

 

 

 

化粧品を定期的に届けてくれる

定期購入があります。

毎月注文をしなくても指定した化粧品を

安く届けてくれます。

お得な仕組みに見えますが、

気づかない支出でもあります。

本日は、化粧品の定期購入の損をしない活用法

についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

化粧品の定期購入は使い方次第では損

定期購入を利用すると

送料は不要でお店で購入するよりも

10%程安く購入できる場合もあり、魅力的です。

特に初回購入は半額など

購買を促す仕組みなので注意が必要です。

 

 

 

注意点

 

・2回目以降の費用はいくらになるのか事前に確認

・いつでも解約できるのか、最低継続期間がないか確認

・お届け期間を変更できるのか確認

 

 

 

2回目以降の費用はいくらになるのか事前に確認

 

初回は半額、〇%オフなど注意を引く

言葉が使われることがあります。

2回目以降は定価になるので、

値下げされていない定価でも

継続的に購入するのかじっくり考えることが

望ましいです。

 

 

 

定価だとそれほど魅力を感じないという

場合もあります。

魅力を感じなければすぐに解約出来ればいいですが、

すぐには解約できないかもしれません。

 

 

 

いつでも解約できるのか、最低継続期間がないか確認

 

化粧品会社によっては定期購入の

最低継続期間を設定している場合もあります。

最低継続期間は解約できません。

解約したくても購入できないのは、

賢い買い物とは言い難いです。

 

 

 

化粧品等の定期購入をする前には、

いつでも解約できるのか確認しましょう。

いつでも解約できる場合には大きな字で案内されていますが、

最低継続期間がある場合には、

小さな字で説明書きされていることが多いです。

 

 

 

お届け期間を変更できるのか確認

 

定期購入をするとお届け期間が

自動的に1ヵ月に設定されている場合があります。

1ヵ月で使い切らない場合、化粧品がどんどん

溜まっていくので使い切ることができません。

 

 

 

お届け期間を変更できる場合には、

次回お届け前に購入間隔等を変更しましょう。

お届け予定日の15日前には

変更の連絡をしないと反映されない等

各社で決まりがあります。

 

 

 

連絡するのは面倒ですが、

化粧品が溜まっていき、

お金が引かれるデメリットを克服するためにも

行動に移しましょう。

 

 

 

化粧品を変えたいと思った時はチャンス

 

定期購入の化粧品を使っていると

化粧品を変えようかなと思うときが来るかもしれません。

筆者は半年や1年ほどで変えようと思うようになりました。

化粧品を変えようかなと思ったときは、

定期購入を停止するチャンスです。

 

 

 

化粧品はどんどん新しい商品が開発されます。

定期購入開始時には同様の機能の商品がなくても

しばらくすると類似品が登場します。

類似品の方が安い場合もあります。

定期購入を解約し、安い類似商品に切り替えると

化粧品代を減らせます。

 

 

筆者の場合、定期購入を解約し

別の化粧品に切り替える事で

1か月の化粧品代を約3割カットできました。

 

 

 

化粧品は毎日使うものだからこそ、

機能と費用を考えて選ぶことが望ましいです。

安い化粧品でも十分な機能のあるものもあります。

 

 

 

肌の手入れで最も重要なのは保湿です。

セラミドやヒアルロン酸は保湿を手助けしてくれます。

化粧品の成分は箱に書かれています。

セラミド又はヒアルロン酸が含まれているかで

化粧品の購入判断をされてはどうでしょうか。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください