年末調整の還付金の使用用途を振り分け

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家 

FPの堀内です。

 

 

 

医療保険や生命保険に加入されている方は、

年末調整でお金が戻ってきます。

このお金、ついつい使ってしまいませんか。

年末調整での還付金に限らず、

臨時収入を少しでも貯蓄に回せると

お金がどんどん貯まります。

本日は臨時収入の区分け法についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

年末調整の還付金の元は私達の税金

保険に加入されている方は、

年末調整でお金が返ってきます。

還付金はもらったお金と

認識してしまいがちですが違います。

 

 

 

多く払っていた所得税が年末調整により

戻ってきます。

保険加入者は所得税の生命保険料控除により

所得税を算出する際の所得が減額されます。

所得が減額された金額に税率を掛けることで、

最終的な所得税が決まります。

 

 

 

毎月お給料から引かれている所得税は、

生命保険料控除のない金額です。

そのため、所得税の生命保険料控除の税額よりも

多い金額が引かれています。

 

 

 

年末調整の還付金は

私達のお給料の一部と認識すると

これまでとは違った取扱いになりませんか。

 

 

 

お金の割り振りをする

 

特に年末調整で戻ってくるお金は、

お小遣いとして扱ってしまうため、

買い物や食事代などに使ってしまいます。

なぜなら、お小遣いには使用用途がないからです。

 

 

 

毎月のお給料だと

家賃 〇万円、食費〇円など

大まかであっても使い道と金額が

勝手に振り分けられます。

使い道のあるお金なので、

使い果たさずにやりくりできます。

 

 

 

臨時収入の一部を貯金に充てる場合、

お金の振り分け先が決まるので、

散財を抑えることができます。

 

 

 

お金の割り振り先を決めると

後悔のない使い方ができます。

収入を得る前にお金の使用先が決まっているので、

必要のない物の購入を避けることができます。

特に必要としていないことにお金を払うのは、

賢いお金の使い方とは言い難いです。

 

 

 

お金の振り分けを厳しく設定すると

長続きしないので、

例えば年末調整での還付金は

忘年会の費用として使い、

残金があれば貯金してはどうでしょうか。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください