世間一般の服飾費平均を元に買い物の予算設定

こんにちは!

明るい人生を送るお手伝いをするお金の専門家

FPの堀内です。

 

 

 

衣服は毎日着用するので、支出がかかります。

私達自身の服飾費が世間と比べて多いのか少ないのか

分かりにくいです。

そこで、総務省の調査による世間一般の服飾費を

目安にしてみましょう。

本日はについてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

国民の服飾費平均月額

総務省統計局の家計調査 (2017年)のデータを引用します。

全世帯及び性別毎の単身世帯での

被服及び履物の月間の支出額は次の通りです。

 

 

 

全世帯 (世帯人数2.33人) 9129円 (3918円/人)
単身 男 4195円
単身 女 6957円

 

 

女性の結果詳細は次の通りです。

女性 (~34歳) 9410円
女性 (35~59歳) 10905円

 

 

 

上記金額は月当たりの平均額なので、

年間では8万4000円~12万円近くの

服飾費が発生しているとわかります。

 

 

 

買い物をする際には予算を設定すると

お金の使いすぎを予防できます。

世間一般の支出額を参考にして

予算を設定するのも一つの手段です。

過去の支出額を振り返る必要がないので、

簡単に予算を設定できます。

 

 

 

来年は、年間の服飾費を8万4000円~12万円

に収めるように意識して買い物をしてはどうでしょうか。

 

 

 

 

ところで、最近は服のレンタルサービスが

広がってきています。

各社の月会費は7000円前後です。

服のレンタルサービスを活用して、

購入する服は年に数着だけにすると

12万円以内に服飾費を抑えることが

できるのではないでしょうか。

 

 

 

特にその年に流行しているデザインの服は

翌年以降は活躍の場がなくなるので、

購入するのはもったいないです。

流行のデザインの服はレンタルし、

今後も着用できる定番デザインの服を

購入するのは賢いお金の使い方です。

 

 

 

筆者は流行遅れのデザインの服を

部屋着として活用しています。

部屋着を買わなくて済むので、

支出を抑えることができます。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

急に冷え込むようになりました。

体調にはお気をつけえくださいませ。

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください