年金額が増えるお宝制度の付加年金とは

こんにちは!

ファイナンシャルプランの視点から、

あなたの人生をやる気にさせる

やる気スイッチFPの堀内です。

 

 

 

厚生年金に加入していない20歳以上60歳未満の

自営業等の方は国民年金への加入が義務付けられています。

このような方には独自の年金上乗せ制度があります。

上乗せ年金を付加年金と言います。

本日は付加年金制度についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

年金給付の種類

日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満の人は、

国民年金への加入が義務付けられています。

国民年金加入者は第1号、第2号、第3号に

区分されます。

 

 

第1号被保険者

 

20歳以上60歳未満で厚生年金の加入者または、

厚生年金に加入している配偶者の扶養に入っている方以外を

公的年金の第1号被保険者と言います。

第1号被保険者が受給できる年金は、

国民年金のみです。

 

 

 

第2号被保険者

 

一方、会社員や公務員等は

第2号被保険者と言い、

国民年金と厚生年金に加入しています。

第2号被保険者が受給できる年金は

国民年金と厚生年金です。

 

 

 

第3号被保険者

 

第2号被保険者の扶養となっている配偶者を

第3号被保険者と言います。

第3号被保険者が受給できる年金は

国民年金です。

 

 

 

付加年金とは

 

月額400円の付加保険料を支払うと

納付月数に応じて受給できる年金額が

増えます。

付加年金は第1号被保険者だけが利用できます。

 

 

 

付加年金により増える年金額は

200円×付加年金保険料納付月数 です。

例えば付加年金を20年間支払ったとすると

支払総額は400円×12か月×20年間より

9万6000円です。

付加年金としての年金上乗せ額は

200円×12か月×20年間より

4万8000円です。

年額で4万8000円加算した年金を

受給できます。

年金の加算は生涯続きます。

 

 

 

総額9万6000円の付加保険料を支払い、

年額4万8000円加算されるので、

2年で元が取れます。

年金を2年以上受け取ると

確実に得となるお宝制度です。

 

 

 

付加年金は定額支給

 

年金額は物価により変動します。

一方、付加年金の加算額は

定額で変動しません。

 

 

 

国民年金の受給開始時を

繰上げまたは繰り下げすると

年金受給額は減額または増額されます。

その際、付加年金も同様に

減額または増額されます。

 

 

 

65歳までなら付加年金に加入できる

 

60歳までは国民年金への加入が義務付けられています。

60歳以降65歳に達するまでは国民年金に

任意で加入することができます。

65歳までの任意加入期間に

付加年金保険料を納めることができます。

 

 

 

5年間加入すると

支払総額は2万4000円

(400円×12か月×5年間)で

年金上乗せ額は年額1万2000円

(200円×12か月×5年間)です。

 

 

 

長寿化が進む現在では、

2年で元が取れる付加年金制度は

活用メリットが大きいです。

現在は厚生年金に加入されている方も

今後、厚生年金から脱退し第1号被保険者と

なった場合には付加年金を検討してはどうでしょうか。

付加年金の手続きは役所でできます。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください