お金の使いすぎを防ぐにはキャッシュレス決済時はルールを決める

こんにちは!

ファイナンシャルプランの視点から、

あなたの人生をやる気にさせる

やる気スイッチFPの堀内です。

 

 

 

年末年始は買い物をする機会が増えるかと思います。

ついついお金を使いすぎてしまう方は、

クレジットカードなどのキャッシュレス決済には

注意しましょう。

本日はキャッシュレス決済でルールを決めること

についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

お金を払っている実感がない

キャッシュレス決済は実物のお金のやり取りを

しないので、お金を払っているという感覚が

薄いです。

お金を払っている感覚がないために

ついついお金を使ってしまいます。

 

 

 

特にコンビニなどで使用する電子マネーは

一回当たりの利用額が数百円ではありますが、

回数を重ねると大きな額になります。

 

 

 

独自のルールを決める

 

クレジットカードの場合

 

・カード決済は月に1回まで

・支払い方法は1活払いのみ

 

 

等と言ったルールを決めると

クレジットカードの使いすぎを

防げます。

一回の支払金額の上限を設けると

より厳しいルールを設定できます。

 

 

 

電子マネーの場合

 

前払いの電子マネーの場合は、

一か月あたりのチャージ額に上限を設定し、

それ以上は使わないという決まりを設けると

お金の使いすぎを防げます。

 

 

 

後払いの電子マネーの場合、

前払い方式の電子マネーに切り替え、

後払い方式は使用しないようにしてはどうでしょうか。

日々の電子マネーでの支払額を

確認し、あといくらまで使えるかを

把握するのは労力がいります。

そのため、料金前払いの電子マネーに

切り替えるとお金の使いすぎを防げます。

なぜなら買い物をすると残額が分かるので

買い物を控える等の行動を起こしやすくなるからです。

 

 

 

キャッシュレス決済が今後

日本でも普及するよう政府は動いています。

キャッシュレス決済でもお金の管理ができるように

少しずつ慣れていきましょう。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください