2019年1月1日以降に生じる休眠預金等とは

こんにちは!

ファイナンシャルプランの視点から、

あなたの人生をやる気にさせる

やる気スイッチFPの堀内です。

 

 

 

しばらく使っていない銀行口座はありませんか?

2019年1月1日以降、過去10年以上

取引のない銀行口座の残高は

休眠預金等として民間公益活動に活用されます。

本日は休眠預金等についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

休眠預金等とは

2009年1月1日以降、

10年間入出金等の取引

行っていない銀行口座内の預金を

休眠預金等と言います。

 

 

 

なお、通帳記入や残高照会は

口座の取引には該当しません。

2009年1月1日から10年を経過した

2019年1月1日から休眠預金等が発生します。

 

 

 

休眠預金等になると

 

休眠預金等になっても金融機関で手続きを経て

お金を引き出すことはできます。

休眠預金等は預金保険機構に移管され、

公益活動に利用されます。

 

 

 

休眠預金等になってもお金を引き出すことは

出来るので、ご安心くださいませ。

なお、休眠預金等になっても利子は付きます。

 

 

 

口座の残高が1万円以上の場合、

休眠預金等になる可能性のある口座の

保有者へ金融機関から連絡が来ます。

残高が1万円未満の場合には

金融機関からの連絡はありません。

 

 

 

来年以降は休眠預金のお知らせを

見落とさないためにも

金融機関からの郵便物には

目を通すようにしましょう。

 

 

 

休眠預金等にならないために

 

使わない銀行口座の預金は

解約しましょう。

解約手続きは銀行ですぐにできます。

通帳、キャッシュカード、はんこを

持って行き、所定の用紙に記入をするだけです。

 

 

 

学生時代に使っていた口座や

転職前の会社で開いた口座など

使っていない口座があるかもしれません。

口座の残高が残っている可能性がある場合は、

金融機関に問い合わせましょう。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください