貯金のスタートは家計簿から

こんにちは!

ファイナンシャルプランの視点から、

あなたの人生をやる気にさせる

やる気スイッチFPの堀内です。

 

 

 

将来のために貯金をしようと思っているけど、

継続できない・・・お金が残らない・・・と

悩んでいませんか?

そんな方にはお役に立てる内容です。

本日は貯金をするための支出を管理する方法についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

まずは支出の管理から

 

ご自身で毎月どの程度の支出があるか

把握されている方は少ないかもしれません。

反対に収入額は把握されている方が多いと思います。

 

 

 

毎月の支出額を把握すると

収入と支出の差額より

毎月貯金できる金額もわかります。

収入の少ない月は、支出を減らすように調整できます。

 

 

 

では支出額を把握するにはどうすればいいのでしょうか?

それは、家計簿をつけることです。

家計簿をつけると聞くと1円単位で収支を合わせないといけない、

面倒というイメージがあるかもしれません。

堅苦しく捉えなくて大丈夫です!

なぜなら、役所に提出する資料でもなく

ご自身で現状を管理する資料だからです。

 

 

 

記入漏れが少しあっても

計算が間違っていても気にせず

継続して取り組むことが大切です。

 

 

 

家計簿をつける目的

 

家計簿の目的は2つあります。

①収入と支出のバランス確認

②各支出の予算額の把握

 

①収入と支出のバランス確認

家計簿の目的は収入と支出のバランスを数値化することです。

食費は毎月いくら払っているのか把握できます。

普段と比べて支出の多い月があれば、

なぜ支出が増えたのか理由を探ることができます。

 

 

 

支出が増えた理由がどうしても必要な出費か

必要ではないものを買いすぎたのか

行動を振り返ることができます。

行動を振り返ることで、必要のない物への

支出を減らすきっかけになります。

 

 

②各支出の予算額の把握

家計簿をつけて数か月すると、

食費や生活必需品などの分類ごとの支出額が分かります。

この分類ごとの支出額を予算と設定できます。

予算が決まると毎月の生活費の目安がわかるので、

毎月の貯金額の目安を立てることができます。

 

 

 

支出額の予算を設定できれば、

あとは毎月、予算を達成できたのか

予算オーバーだったのかゲームをクリアするように

取り組んでいきましょう。

 

 

 

家計簿を選ぶ際の注意点

 

スマホアプリの家計簿やノート形式の家計簿、

エクセルでの家計簿など様々な種類のものがあります。

家計簿を選ぶ際の注意点は、

継続して取り組めるものを活用することです。

 

 

 

当初、私はエクセルの家計簿をつけていましたが、

次第にパソコンを起動させるのが面倒になり、

今はノートで家計簿をつけています。

 

 

 

銀行口座とリンクして一括管理してくれる

スマホの家計簿アプリもあります。

ただし銀行口座番号は個人情報に該当しますので、

スマホのウイルス対策等、ちゃんと防御をしてください。

 

 

 

スマホのウイルス対策アプリは

年額1500円程で活用できます。

なお、ウイルス対策費用は必要な支出です!

 

 

 

毎月の貯金額の設定

 

毎月の収入と支出の差額を毎月貯金するように

設定しましょう。

年末など飲み会の多い月は支出もふえるので、

貯金額が減るかもしれません。

貯金額が減る月があってもいいので、

貯金は継続していきましょう。

 

 

 

貯金が100万円など一定額以上になれば、

資産運用に取り組むのもアリです。

資産運用商品は、すぐに現金化できないものもあるので

万が一すぐにお金が必要になった時の備えとして、

一定額の貯金は確保しておく必要があります。

 

 

 

支出の管理ができるとお金の使い方も変わってきます。

何が必要な物かの判断もできます。

家計簿をつけるメリットは多いので、

ぜひとも挑戦してはどうでしょうか?

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

 

 

 

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください