火災保険で水災への備え

こんにちは!

ファイナンシャルプランの視点から、

あなたの人生をやる気にさせる

やる気スイッチFPの堀内です。

 

 

 

近年は大雨による災害がたびたび起きています。

保険で水災が補償対象となるものもあります。

本日は水災への備えとしての保険の活用についてお伝えします。

宜しくお願いします。

火災保険の「水災」で保障

 

水災とは台風や大雨による洪水、高潮、土砂崩れなどによる

損害のことを言います。

なお台風等による高潮は水災に含まれますが、

地震、噴火による津波は水災には含まず、

地震保険の補償対象となります。

全ての水害が水災補償の対象とはならないので、

注意が必要です。

 

 

火災保険に水災補償をつけることで、

大雨などによる被害の補償を受けることができます。

火災保険に水災補償をつけないという選択もできます。

ハザードマップを確認して、居住地域の水災の危険性より

水災補償をつけるかどうか検討する必要があります。

 

 

 

賃貸でも火災保険は必要

 

賃貸住宅の場合、入居時に火災保険への加入が

条件となっている場合があります。

賃貸住宅であっても水災補償の必要性を検討する必要があります。

なぜなら、火災保険の対象に家財を含めると水災による家財への損害も

補償対象となるからです。

 

 

 

補償の対象

 

水災保険をつけた火災保険の補償対象は次の3つから選択できます。

・建物のみ

・家財のみ

・建物と家財

 

 

 

補償対象が建物のみの場合は、

火災または水災により建物が受けた損害が補償されます。

門や垣根も建物に含まれます。

家財とは建物がある敷地内にある家財が対象です。

家電や敷地内に止めてある車なども家財に含まれます。

 

 

 

水災補償をつけた火災保険がお勧め

 

近年の豪雨では近くに川がなくても水害が起こる可能性があります。

そのため、水災への備えは必要です。

火災保険に水災補償をつけても年間の保険料は数千円程しか

変わりません。

 

 

万が一の備えとして数千円の保険料を上乗せして水災補償をつけるのは

無駄遣いではないと考えています。

これまでの考えが通用しない自然災害が起きているので、

十分な備えをする必要があります。

 

 

水災補償も念頭において火災保険を検討してはどうでしょうか?

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください