確定拠出年金開始後でも積立商品を変更できます

こんにちは!

ファイナンシャルプランの視点から、

あなたの人生をやる気にさせる

やる気スイッチFPの堀内です。

 

 

 

お勤め先または個人で取り組んでいる確定拠出年金の

運用商品を適切に選択できているかわからない・・・

とお悩みの方にはお役に立てる内容です。

確定拠出年金の運用開始後、積立商品の変更ができます。

本日は確定拠出年金の積立内容変更についてお伝えします。

宜しくお願いします。

 

 

 

スイッチング

 

確定拠出年金は、運用開始後も積立商品や配分割合を

変更することができます。

これをスイッチングと言います。

 

 

スイッチングは現在の積立商品の一部を売却して得た資金で

別の商品を購入することを言います。

 

 

 

スイッチングをする際、積立商品の一部を売却しますが、

売却金を引き出して使うことはできません。

なぜなら、確定拠出年金の引き出しができるのは

60歳以降だからです。

 

確定拠出年金の積立内容はとりあえず

定期預金にしたけれども投資信託を組み入れようと

お考えの場合等、スイッチングを活用して

運用商品を変更できます。

 

 

スイッチングをするには

 

確定拠出年金の積立商品の変更は

ネット上でできます。

まず、ご利用中の確定拠出年金のサイトにログインします。

「スイッチング」と書かれた箇所をクリックすると

入力画面に切り替わります。

「スイッチング」という言葉が見つからない場合は、

現在の残高確認画面内に見当たらないか確認してください。

 

 

 

 

スイッチングの注意点

 

注意点として以下の2つがあります。

 

・売却時に売却費用が生じる場合がある

・頻繁にスイッチングをするのは、好ましくない

以下、詳細をお伝えします。

 

 

【売却時に売却費用が生じる場合がある】

投資信託の場合、売却時に信託財産留保額という

費用が生じる商品もあります。

投資信託の価格は日々変動します。

投資信託を売却する日の価格を元に

売却金が決まります。

価格が高いほど、手元に残る資金は多くなります。

 

 

 

信託財産留保額とは解約時に

その日の投資信託の価格から

差し引かれる金額のことを言います。

例えば、基準価格が1000円で

信託財産留保額が10%の場合、

1000円の10%に当たる100円が信託財産として

差し引かれます。

信託財産留保額100円を差し引いた900円を元に

投資信託の保有量に応じて売却金が決まります。

 

 

ただし、信託財産留保額がない投資信託もございます。

スイッチングを検討される際は

保有されている商品に信託財産留保額がかかるのか

ご確認くださいませ。

 

 

【頻繁にスイッチングをするのは、好ましくない】

 

積立投資は、長期間継続することで

価格変動のリスクを軽減できます。

なぜなら、不景気等により投資信託の価格が低い時は

一度に沢山の量を購入できます。

投資信託の保有量が増えると価格が上がった場合、

評価額も上がるからです。

 

 

頻繁にスイッチングをして積立商品の入れ替えを行うと

これまで保有していた商品が値上がりする前に

売却してしまう可能性もあります。

 

 

確定拠出年金で定期預金や保険の積立を行っている場合には、

スイッチングをして投資信託を組み入れるのも

将来のためになります。

ですが、保有している投資信託を

別の商品に切り替える場合は、慎重な判断が必要です。

 

 

日本株が良いと聞いたから、

日本株を対象とした投資信託を組み入れるというのは、

あまり好ましくありません。

ご自身のリスク許容度に応じた商品を選択しなければ

保有中、ストレスが溜まるからです。

 

 

 

確定拠出年金の資産配分等でお困りのことが

ございましたら、ご相談くださいませ。

何十年も継続するシステムですので、

納得できる内容で取り組んでいただきたいと考えています。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

 

記事を読んで相談したいとお考えの方は

お問い合わせください。

保険や金融商品の販売、勧誘はしません!

本日も皆さまにとって充実した日になりますように・・・☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください